5.1サラウンドサウンドと7.1サラウンドサウンド

5.1サラウンドサウンドシステムは、6つのチャンネル(6つのスピーカーに供給)を使用してサラウンドサウンドを作成します。 7.1サラウンドサウンドシステムは8チャンネルを使用します。 サウンドの2つの追加チャンネル(および2つの追加スピーカー)は、わずかに優れたオーディオ品質を提供します。

比較表

5.1サラウンドサウンドと7.1サラウンドサウンドの比較表
5.1サラウンドサウンド 7.1サラウンドサウンド
チャンネル6(5標準+ 1サブウーファー)8(7標準+ 1サブウーファー)
音の質標準サラウンドサウンド深さと精度の向上
に適し小〜中部屋広い部屋
費用異なるが、安い異なるが、より高価
書式ドルビーデジタル、DTSドルビーTrueHD、DTS-HDマスターオーディオ
による支援すべてのDVD、ビデオゲームなど。業界標準PS3、PS4、Xbox OneおよびほとんどのBlu-rayプレーヤー。 150を超えるBlu-rayムービーは7.1サウンドを特長としています。
歴史1976年にドルビーラボによって発明されました。 1992年にバットマンリターンズの劇場で最初に使用されました最初の劇場版7.1リリースは、2010年のトイストーリー3でした。ディズニーは、今後のすべてのリリースで使用します。

セットアップ

5.1サラウンドサウンドには6つのサウンドチャネルがあるため、6つのスピーカーがあります。 センタースピーカー、サブウーファー(爆発などの低周波効果用)、左右のフロントスピーカー、左右のリアスピーカーが含まれます。 スピーカーの数が少なく、業界標準であるため、セットアップが簡単で、安価で、小規模または中規模の部屋に適しています。

5.1セットアップの推奨構成。 サブウーファー(図示せず)は、360度のどこにでも配置できます。

7.1サラウンドサウンドには8つのサウンドチャネルがあります。 上記と同じ6つのスピーカーと、さらに2つのサイドスピーカーを使用します。 余分な2つのスピーカーは、サラウンドサウンドエクスペリエンスに深みを与えます。 より多くのスピーカーを使用するため、7.1サラウンドサウンドはより高価で、大きな部屋にのみ適しています。

7.1サラウンドサウンドシステムのレイアウトと構成。

書式

5.1サラウンドサウンドは、Dolby DigitalまたはDTSで実現されます。 DTSは圧縮をあまり使用しませんが、Dolby Digitalよりも一般的ではありません。

7.1サラウンドサウンドは、Dolby TrueHDまたはDTS-HD Masterオーディオを使用して実現できます。 これらは、映画スタジオのオリジナルと同一の「ロスレスオーディオ」と見なされます。

サポートされているデバイス

5.1は業界標準であり、ほとんどのDVDやBlu-rayディスク、およびHDTVやビデオゲームで使用されています。 また、商業劇場で最も一般的なサウンドシステムです。

ほとんどのBlu-rayプレーヤーは、PS3と同様に7.1サウンドをサポートしています。 ほとんどのDVD、Blu-rayディスク、およびゲームは依然として5.1オーディオのみを使用して制作されていますが、7.1サウンドを搭載したBlu-rayディスクのリリースも増えています。

価格

7.1サラウンドサウンドシステムの価格は、ほとんどの場合、同じクラスの同じメーカーの5.1サラウンドサウンドシステムよりも高くなっています。 しかし、異なるメーカーによって請求される価格には大きなばらつきがあります。 5.1サラウンドサウンドシステムは、Logitechスピーカーセットの80ドルから、KEF T305ホームシアターシステムの1, 700ドルまでの範囲です。 7.1サラウンドサウンドスピーカーの価格は、Onkyoの265ドルから数千ドルの範囲です。

Amazonで現在の価格と他の7.1 / 5.1製品を見つけることができます。

  • 7.1サラウンドサウンドシステムの価格
  • 5.1サラウンドサウンドシステムの価格

歴史

5.1サラウンドサウンドは、1976年にドルビーラボによって開発され、1992年にバットマンリターンズの劇場公開に初めて使用されました。

7.1サラウンドサウンドを使用する最初の劇場公開は2010年のトイストーリー3でした。ディズニーは、将来のすべての3Dリリースで7.1サラウンドサウンドを使用する予定です。

関連記事