AHCIとIDE

AHCIIDEは、SATAストレージコントローラーを使用してハードドライブがコンピューターシステムの残りの部分と通信する2つのモードです。 SATAハードドライブは、下位互換性のあるPATA / IDEモード、標準のAHCIモード、またはベンダー固有のRAIDで動作できます。 AHCIAdvanced Host Controller Interfaceの略で、IDEに比べて高速な操作モードです。 RAIDモードは、AHCIも有効にして利用します。

AHCIは、設計者および開発者がSATA / AHCIアダプターの構成、検出、またはプログラミングに使用できる標準システムを提供します。 AHCIはホストシステム用のSATAのより高度な機能(ホットスワップなど)を利用しますが、SATA用のセットとは別の標準であることに注意してください。

比較表

AHCI対IDE比較チャート
AHCI IDE
別名/ AKA高度なホストコントローラーインターフェイスIDE:統合ドライブエレクトロニクス/ PATA:Parallel Advanced Technology Attachment
長所ネイティブコマンドキューイングなどの新しいテクノロジーをサポート最大の互換性
ホットプラグ(コンピューターの実行中にコンポーネントを追加/削除)サポート対象IDEインターフェイスはホットプラグをサポートしていません
短所常に互換性があるとは限らないネイティブコマンドキューイングやハードドライブのホットプラグなどの新技術のサポートがない
によって定義されますIntelWestern Digital
関与するSerial ATA(SATA)ホストバスアダプターの操作パラレルATAドライブの操作
動作モードレガシーパラレルATAエミュレーション、標準AHCIまたはベンダー固有のRAIDIDE
オペレーティングシステムのサポートWindows Vista、7、および8。 Linux、OpenBSD、NetBSD、FreeBSD、OS Z、eComStation、およびSolaris 10すべて

動作モード

IDEには1つの操作モードしかありません。 ただし、AHCIは、「IDEのみを話す」ことができるレガシーシステムと下位互換性があるように設計された新しい標準です。 そのため、AHCIはいくつかの動作モードを提供します。レガシーパラレルATA(パラレルATA、PATA、IDEは同じもの)エミュレーションモード、標準AHCIモード、またはベンダー固有のRAID。 Intelは、より柔軟性があるため、マザーボードでRAIDモードを使用することをお勧めします。

SATA(右)およびIDE(左)ハードドライブ。 SATAの右側にはデータケーブルがあり、左側には電源ケーブルがあります。 IDEデータケーブルはリボン状です(左側)

IDEに対するAHCIの利点

IDEは、平均的なコンピューターユーザーに適していると見なされ、他の技術、特に古いデバイスと最も互換性があります。 ただし、新しいテクノロジーのサポートはありません。

AHCIは、ネイティブコマンドキューイングやハードドライブのホットプラグなど、IDEにはない重要な新機能をサポートしています。 また、IDEよりもパフォーマンス(速度)が向上しています。

AHCIモードを有効にしてパフォーマンスを向上させる方法

以下のビデオは、SSD(ソリッドステートドライブ)でAHCIモードを有効にする方法を示しています。

AHCIは、Windows Vista以降のすべてのバージョンのLinuxおよびMac OSでサポートされています。 ただし、インストール時にSATAドライブコントローラがAHCIモードになっていない場合、Windowsは起動時にAHCIドライバをロードするように自身を構成しません。 そのため、SATAコントローラーが後でAHCIモードに切り替えられた場合、PCは起動しません。 オペレーティングシステムをインストールするに、ドライブコントローラーをAHCIまたはRAID 変更する必要があります。

オペレーティングシステムのサポート

AHCIは、Windows VistaおよびWindows、Linux、OpenBSD、NetBSD、FreeBSD、OS Z、eComStation、およびSolaris 10の新しいバージョンでサポートされています。

IDEはすべてのオペレーティングシステムでサポートされています。

関連記事