償却対減価償却

資本的費用は、費用を通じて取得した資産の種類に応じて、 償却または減価償却されます。 無形資産は償却されるが、有形資産は資産の耐用年数にわたって減価償却される。

比較表

償却対減価償却比較表
償却 減価償却
それは何ですか?「コストを回収する」方法、つまり設備投資の説明。「コストを回収する」方法、つまり設備投資の説明。
のために使用します特許などの無形資産機械などの有形資産

原価回収

企業が資産を取得するためにお金を使うとき、この資産は税年度を超えて耐用年数を持つことができます。 このような費用は資本的支出と呼ばれ、これらの費用は資産の耐用年数にわたって「回収」または「償却」されます。 資産が有形の場合、これは減価償却と呼ばれます。 資産が無形の場合; たとえば、特許またはのれん。 それは償却と呼ばれます。

減価とは、価値を失うことを意味し、 償却とは、一定期間にわたって費用を償却する(または債務を支払う)ことを意味します。 両方は、資産の消費、期限切れ、陳腐化、または使用または時間の経過の結果としての価値のその他の低下を反映するために使用されます。 これは、摩耗や裂けが発生しやすい有形資産に明らかに当てはまります。 したがって、無形資産には、一定期間にわたってコストを分散させるための類似の手法が必要です。 米国では、償却の対象となる無形財産は26 USC§§197(c)(1)および197(d)に記載され、貿易、ビジネス、または収入の生産。 §197の下では、ほとんどの取得無形資産は15年間にわたって比例的に償却されます。 無形資産が§197に基づいて償却の対象とならない場合、資産の耐用年数が示されている場合、納税者は資産を減価償却できます。 [1]

償却対減価償却

減価償却費

たとえば、2010年に企業が4年の耐用年数を持つと予想される100, 000ドル相当の機械を購入し、その後、機械が完全に価値がなくなる(残存価値ゼロ)と仮定します。 2010年の損益計算書では、企業は100, 000ドルの金額全体を費用としてカウントすることを許可されていません。 代わりに、資産がその価値を失う (減価する)程度のみが費用としてカウントされます。

定額法

資産を減価償却する最も簡単な方法は、資産の耐用年数にわたって価値を均等に減らすことです。 したがって、この例では、これは、2010、2011、2012、および2013の損益計算書でそれぞれ25, 000ドルを控除できることを意味します。

加速償却

加速減価償却方法は、資産の耐用年数の最初の年に高い減価償却費を提供し、その後の年に徐々に減額します。 これは、資産の使用による資産の実際の期待される利益をより現実的に反映したものである可能性があります。多くの資産は、新しいときに最も有用です。 人気のある加速法は、 定率法です。 この方法では、減価償却は次のように計算されます。

年間減価償却=減価償却率*年初の簿価

この例では、企業が40%の減価償却率を使用すると決定したとします。

簿価

年の初め

減価償却

割合

減価償却

費用

蓄積された

減価償却

簿価

年の終わり

100, 000ドル (元の費用)40%40, 000ドル40, 000ドル60, 000ドル
60, 000ドル40%24, 000ドル64, 000ドル36, 000ドル
36, 000ドル40%14, 400ドル78, 400ドル21, 600ドル
21, 600ドル40%8, 640ドル87, 040ドル12, 960ドル
12, 960ドル適用できません

(最後の有用な年)

12, 960ドル100, 000ドルゼロ

関連記事