解雇対離婚

離婚は結婚を単に終わらせるだけですが、 破棄は結婚全体が無効であると宣言します。 破棄の根拠は、離婚の根拠よりも厳格です。 離婚とは異なり、離婚と無効化は結婚を完全に解消し、配偶者を再婚させます。

比較表

結婚と離婚の比較表
廃止 離婚
それは何ですか?結婚が無効であると宣言するための法的手続き裁判所の命令に基づいた永久的な結婚の解消
根拠虚偽の表示または詐欺、既婚、未成年、結婚を強制された完遂の欠如、または配偶者などの事実の隠蔽は密接に関連しています不適合、相容れない違い、不忠実、家庭内虐待
問題が発生しました結婚する前に結婚した後
によって解決された問題裁判所裁判所
統計米国では年間60、000米国の結婚の35〜45%が離婚で終わると推定
結果最初から無効と見なされる結婚結婚解消
時間枠通常、短い期間の結婚後どんな長さの結婚
資産各当事者は、結婚前に所有していた資産を保持します裁判官の裁量で当事者間で分割された資産
子供達結婚に子供が関わる場合、離婚と同様に扱われます親は子育てプランを提出する必要があります。 一次養育者以外が支払う養育費
慰謝料まれに受賞時々授与

離婚とは何ですか?

無効化は、結婚が無効であることを宣言するための法的手続きです。 破棄が認められた場合、結婚は最初から無効とみなされます。 ですから、まるで結婚が行われなかったかのようです。

離婚は、有効な結婚が解散される法的手続きです。

次のビデオでは、弁護士が無効化と離婚の違いを説明しています。

根拠

破棄の根拠

無効化の理由は、結婚への苦悩として知られています。 これらは州ごとに異なりますが、通常、

  • 不実表示または詐欺
  • 既婚または未成年などの事実の隠蔽
  • 完結の欠如
  • 結婚を余儀なくされた
  • 配偶者は密接に関連しています

具体的な例には、兄弟姉妹であること、結婚式のときに他の人と結婚すること、同意する能力を妨げる精神障害、結婚するときの配偶者に忠実でいる意思の欠如、lack致、または結婚時の薬物やアルコールの影響が含まれます開催されました。

配偶者が麻薬やアルコールの影響下にあった場合は、60日間の結婚式で提出しなければなりません。 一般に、無効化の制限時間は州ごとに、さらには郡ごとに異なります。 ただし、許可された期間(たとえば6か月)は、通常、結婚自体が行われたときではなく、破棄の理由が発見されたときに始まります。

離婚の根拠

現在、すべての米国の州では「障害のない離婚」が許可されています。つまり、夫婦は「和解できない差」または非互換性を離婚の理由として引用することができます。

両当事者は、「過失のない」離婚に同意する必要があります。 両方の配偶者が同意しない場合、どちらか一方が「過失」離婚を申し立てることができます。 「過失」離婚の根拠には、姦通、習慣的なアルコール乱用、脱走が含まれます。 法律は州によって異なります。

処理する

ほとんどの州では、個人は破棄と離婚の両方に対して同じ請願書を提出しなければなりません。

廃止の請願書は、現在の居住郡で提出する必要があります。 配偶者が破棄に異議を唱えた場合、破棄の資格が満たされているかどうかについて当事者が証拠を提示できる聴聞会が予定されます。 もしそうなら、裁判官は結婚の無効を宣言する命令を発行します。

離婚するためには、個人は「離婚要件」を満たさなければなりません。つまり、離婚が完了するまで、一定の期間、常に異なる場所に住んでいます。 この間に獲得した資産は、カップルではなく個人に帰属します。 要件が満たされると、個人は離婚を申し立てることができます。 申請中、居住者、車、その他の共有財産など、争われる可能性のあるアイテムをリストする必要があります。 配偶者は通知を受け、同意書に署名するか、裁判にかけることができます。 彼らが応答しない場合、苦情は認められます。 彼らが離婚を申し立てる場合、一時的な聴聞会が設定され、一時的な子供または配偶者のサポートを確立します。落ち着いた。

財務結果の違い

離婚の場合、結婚前の契約で別段の定めがない限り、結婚した夫婦の資産は通常、裁判官の決定に従って公平に分割されます。 結婚中に取得した資産は、コミュニティの財産と見なされます。 一方、破棄の場合、裁判所は通常、両方の配偶者を元の財政状態に戻そうと試みます。

慰謝料と子供のサポート

離婚和解では、裁判官は、結婚前のライフスタイルをサポートするために、ある配偶者に別の配偶者への慰謝料の支払いを命じることができます。 結婚期間、稼いだ賃金の差、資産の分割方法など、いくつかの要因が慰謝料の額を決定します。 結婚が破棄される場合、慰謝料の支払いはほとんど必要ありません。

どの配偶者が子供の親権を持っているかに応じて、養育費も規定される場合があります。 すべての州では、離婚する親が子育てプランを提出する必要があり、子の養育費は、子の主介護者にならない親によって支払われます。 無効化における養育費と親権の合意は、離婚と同様に扱われます。

関連記事