大動脈対肺動脈

大動脈肺動脈は、人体で最も重要な2つの動脈です。 大動脈は最大の動脈であり、酸素化された血液を体の他の部分に送ります。 肺動脈は、浄化のために脱酸素化された血液を肺に運びます。

比較表

大動脈と肺動脈の比較表
大動脈 肺動脈
定義大動脈は、酸素化された血液を全身に運ぶ動脈です。肺動脈は、脱酸素化された血液を肺に運びます。
関数大動脈の機能は、酸素化された血液を全身に運ぶことです。肺動脈の機能は、酸素化のために肺に血液を送ることです。
ロケーション大動脈は心臓の上部にあります。肺動脈は大動脈の真下に位置しています。
循環のタイプ大動脈は全身循環の一部です。左右の動脈を備えた肺動脈幹は、肺循環の一部です。

人間の心臓の構造(クリックして拡大)

関数

大動脈は、酸素化された血液を心臓のポンプ室から体の残りの部分に供給します。

肺動脈は、心臓から肺に脱酸素化された血液または未曝気の血液を運びます。すべての動脈と同様に、肺動脈は心臓から血液を運び出します。 ただし、肺動脈は、心臓から肺に脱酸素化された血液を運ぶ唯一の動脈です。

構造

大動脈の構造

大動脈の構造(クリックして拡大)

大動脈は5つの主要なセクションに分かれています。

  • 大動脈基部-これは、心臓のポンプ室に接続する大動脈の基部です。 それは、酸素化された血液を心筋に運ぶことに責任がある2つの冠状動脈を生じさせます。 2つの冠状動脈は、上行大動脈の始まりで終了します。
  • 上行大動脈-大動脈のこの部分は大動脈基部から始まり、大動脈がアーチを形成する点まで上向きに上昇します。 周囲の組織のサポートがほとんどなく、心臓の完全な排出量を処理するため、大動脈の最も脆弱な部分の1つと考えられています。
  • 大動脈弓-これは大動脈の湾曲した部分です。 腕頭動脈(別名、無名)、左総頸動脈、左頭蓋下動脈とともに、頭を含む上半身に血液を供給します。
  • 下行大動脈-アーチから始まり、下向きに身体に下り、横隔膜で終わります。 酸素を含んだ血液を脊髄に供給します。
  • 胸腹部大動脈-このセクションは横隔膜で始まり、腹腔、上腸間膜、および内臓血管で終わります。
  • 腹部大動脈–このセクションは腎動脈の下から始まり、2つの腸骨動脈で終わります。 下腸間膜動脈と呼ばれる小さな動脈も含まれています。 このセクションでは、腎臓に血液を供給します。

肺動脈の構造

肺動脈のビュー

肺動脈は2つの主要なセクションに分かれています。

  • 肺動脈:肺動脈または主肺動脈とも呼ばれるこのセクションは、右心室で始まり、さらに左肺動脈と右肺動脈に分岐します。
  • 左肺動脈と右肺動脈:肺動脈幹から分岐した左肺動脈と右肺動脈は、それぞれ酸素を除去した血液を左肺と右肺に供給します。

疾患

腹部大動脈瘤を修復するためにステントを心臓に埋め込む「AAA」手術

大動脈疾患および肺疾患は、多くの場合、MRAまたはMRIスキャンで診断されます。

大動脈は、酸素化された血液を体の他の部分に供給する主要な動脈であるため、大動脈の病気は致命的であることがわかります。 大動脈疾患には次のものがあります。

  • 大動脈解離。大動脈壁の内側の層が裂け、血液が壁に漏れます。
  • 大動脈瘤、大動脈壁の異常な膨らみにより、大動脈が破裂して内出血を引き起こす場合があります。 知られている大動脈瘤の主な原因は、高血圧、喫煙、および家族歴です。
  • アテローム性動脈硬化症。高血圧のために動脈が硬化し、脂肪とコレステロールが蓄積して、体の残りの部分への血液供給が低下します。
  • 炎症により大動脈壁が弱くなる大動脈炎。
  • 結合組織障害。大動脈壁が弱いため、破裂または裂傷が発生する可能性があります。 通常、マルファン症候群、エーラー・ダンロス症候群、およびその他の結合組織障害の患者に見られ、早期発見と適切な治療により、患者は通常の生活を続けることができます。

肺性心疾患は、本質的に急性または慢性の場合があります。

  • 急性型の肺塞栓症は、血流への突然の閉塞があり、肺への血液供給の中断を引き起こす場合です。
  • 肺高血圧症(PAH)は、高血圧によって血液の循環が悪くなり、動脈圧が上昇し、心臓、肺、肝臓に損傷を与える可能性がある場合、慢性とみなされます。 PAHを引き起こす可能性のある要因は、動脈の炎症から大動脈壁の締め付けなどまでさまざまです。[2]

知ってますか?

American Heart Associationは、2005-2006年のデータ分析に基づいて次の結果を報告しています。

  • 米国では、40秒ごとに誰かが心臓発作を起こします。
  • ほぼ2400人のアメリカ人が毎日心臓血管疾患で死亡しています。平均37秒に1人が死亡しています。
  • 毎年、約795 000人がアメリカで新しい脳卒中または再発性脳卒中を経験しています。
  • 男性の約65%と女性の70%が過去5年間に高コレステロールのスクリーニングを受けていました。
  • 1971〜1974年から2003〜2006年まで、過体重(95パーセンタイル以上のBMI値)の割合、
    • 幼児と幼児(6〜23か月)は、7.2%から11.5%に増加しました
    • 子供(6〜11歳)は4.0%から17.0%に増加しました
    • 青年(12〜19歳)は6.1%から17.6%に増加しました
    • 2〜5歳の未就学児の12%以上が2003〜2006年に過体重です。

違いを説明するビデオ

関連記事