アーユルヴェーダ対ホメオパシー

アーユルヴェーダホメオパシーはどちらも医学の代替形態です。 彼らの哲学と治療方法は異なります。

比較表

アーユルヴェーダとホメオパシーの比較表
アーユルヴェーダ ホメオパシー
薬の準備アーユルヴェーダ治療では、体内での摂取と外用に植物薬を使用します。ホメオパシー療法は、さまざまな植物、動物、合成材料、およびミネラル物質を使用し、薬はアルコールまたは蒸留水で物質を希釈することによって調製されます。
歴史アーユルヴェーダの起源は、ヴェーダのテキスト、アタルバヴェーダで発見されました。ホメオパシーは、18世紀後半にSamuel Hahnemannによって作成されました。
哲学アーユルヴェーダは、人体の3つの重要な要素である風、胆汁、のバランスを信じています。ホメオパシーはバイタリスト哲学を信じています。

哲学の違い

アーユルヴェーダは一般に、人体の健康は風、胆汁、の3つの主要な要素のバランスに依存するという哲学を信じています。 これらの3つの構成要素に不均衡があると、病気が発生します。 アーユルヴェーダには8つの治療分野があります。 これらは、内科、小児科、外科、精神医学、毒物学、病気の予防、身体と媚薬の免疫力と抵抗力の改善を含む治療です。

ホメオパシーは「バイタリスト」哲学を信じています。 この信念によると、さまざまな外的および内的原因が、人の健康に悪影響を及ぼす「生命力」を乱します。 ホメオパスは、心理的な状態と人の身体的な状態も考慮に入れます。 ホメオパシーの治療法は「類似の法則」に従います。つまり、病気から人を取り除くには、病気と同じ症状を引き起こす薬で人を治療しなければなりません。

アーユルヴェーダとホメオパシーの歴史

アーユルヴェーダはヒンズー教にルーツがあり、ヴェーダのテキスト、アタルバヴェーダで言及されています。 アーユルヴェーダの最も早い知られている写本は4世紀にさかのぼり、バウアー写本と呼ばれます。

ホメオパシーは、18世紀後半にドイツの医師Samuel Hahnemannによって作成されました。 彼の研究と治療法は、1805年と1810年に2冊の本で出版されました(Materia Medica Pura)。 この期間とその後、ホメオパシーは人気の高さに達し、人々は他の危険な治療よりもこの治療を好んだ。 この人気は長くは続かず、他の医療従事者や医師による批判のために、ホメオパシーを教え、擁護する学校は1920年代頃に閉鎖されました。 1970年代に世界中で再び復活しました。

薬の準備

アーユルヴェーダ治療では、植物の薬物を内部消費と外部使用に使用します。 硫黄、ヒ素、銅、鉛、金などのミネラル、牛乳、骨、胆石などの動物製品もハーブ製品に追加され、治療に使用されます。 アーユルヴェーダはこのトリートメントとともに、健康的な生活のための瞑想、運動、ヨガ、マッサージにも力を入れています。

ホメオパシー療法は、さまざまな植物、動物、合成材料、およびミネラル物質を使用します。 薬は、物質をアルコールまたは蒸留水で希釈し、激しく振って(連続として知られているプロセス)、物質の特性を希釈に渡すことによって調製されます。

現在の状態

インドでは、アーユルヴェーダは専門家によって教えられ、実践されています。 アーユルヴェーダとシッダの中央研究評議会(CCRAS)は、アーユルヴェーダの臨床的、文学的、その他の側面の研究と促進に関与する国が支援する機関です。 インド以外にも、この医療の流れの促進に関与しているさまざまな研究機関があります。 日本、オーストラリア、オランダ、イタリア、アルゼンチン、ドイツの研究所も、アーユルヴェーダの協力と教育に関与しています。

1938年の食品、薬物、化粧品法は、ホメオパシー療法を薬物として認めました。 1970年代後半、ホメオパシーは大きな復活を遂げ、一部のホメオパシー企業の売上は10倍に増加しました。 ホメオパシー療法は現在世界中で知られており、受け入れられており、通常の医学に組み込まれています。 多くの薬局では、ホメオパシー療法も販売し始めています。

ホメオパシーとアーユルヴェーダの批判

アーユルヴェーダ治療は、薬の有効性を証明する十分な証拠または臨床試験が不足しているため、科学者によって批判されています。 また、いくつかのハーブやミネラル、および人間に有毒な可能性のある他の物質の使用に関して安全上の懸念があります。

一部の医師は、ホメオパシーを治療の欺mode的な方法として説明しています。 治療に使用される薬物の希釈度が高いため、希釈液中に元の物質の痕跡が残っておらず、患者に見られる差はプラセボ効果に起因すると主張されています。 それは人間に見られる副作用のない安全な治療法ですが、この治療法を選択する人々は物質の真の性質を知らされることが望ましいです。

関連記事