Bearpaw vs. Uggs

BearpawUggの寒い天候のブーツは、快適さと暖かさで知られています。 安くはありませんが、Bearpawブーツはディスカウントとローエンドストアで入手できますが、Uggsはほとんどが高価でブランドを意識したハイエンドストアでのみ入手可能です。

比較表

BearpawブーツとUggブーツの比較表
ベアポーブーツ UGGブーツ
前書きBearpawは、2001年にTom Romeoによって設立されたフットウェアのブランドです。Bearpaw製品は、uggブーツの生産で最もよく知られているシープスキンから作られています。Uggブーツは、オーストラリアとニュージーランドで、男女兼用スタイルのシープスキンブーツとして知られています。 通常、内側にフリース、日焼けした外側の表面、合成底を備えたツインフェイスのシープスキンで作られています。
スタイル伝統的なスリップオン、スリッパ、ハイヒール、オートバイ、ライダー、モカシン、サンダルなどのモダンなスタイル。伝統的な、スリップオン、スリッパ、ハイヒール、オートバイ、ライダー、モカシン、オックスフォード、スノーブーツなどのモダンなスタイル。
材料シープスキンの裏地、スエードの牛革のアウター。ツインフェイスのシープスキン、カンガルーの毛皮、その他の革。
外観目に見えるステッチ、直立した形状を保持スムーズなステッチ、前かがみの形状
ダークブラウン、タン、ホワイト、ベージュ、ブラック、ピンク、ブルー、グリーン。タンはクラシックなアウターで、さまざまな色があります。
期間通常の着用で1.5-2.5年。2-定期的に着用して2.5年。
感じる柔らかい非常に柔らかく、軽量。
唯一ゴムゴム入りフォーム
靴下必要はありません必要はありません
カスタマーレビューより重い–ラバーソール、頑丈なソール、シープスキンアッパーはそれほど長くは続かないため、内側にフリースの余分な層がありません–快適性が低下します。軽量–フォームソール、かかとの摩耗が早く、シープスキンのアッパーはより長く、暖かく、余分なフリースの層がより快適になり、ソックスを着用するとフリースがコンパクトになります。
小売店TJ Maxx、マーシャル、有名なフットウェア、メイシーズ、ザサミット(旗艦店)Nordstrom、Journeys、Dick's Sporting Goods、REI、Ugg Australia(製品ストア)
設立20011978

購入

2001年に最初に製造されたBearpawブーツは、TJ Maxx、Ross、Marshallsと同様のディスカウントストアで販売されています。 メイシーズやJCペニーなどのデパートで。 そして、有名な靴やカリフォルニアの旗艦店、ザサミットなどの靴屋で。 Bearpawブーツの小売価格は70ドルから180ドルです。

1978年に製造されたUggブーツは、NordstromやJourney'sなどのデパート、REIやUgg製品店などのスポーツ用品店で販売されています。 Uggsの小売価格は120〜200ドルです。

BearpawとUggの両方の価格は、スタイルによって異なります。 クラシックプルオンブーツは、両方のラインで最も安価なモデルです。 ファッショナブルな靴やエキゾチックな革で作られた靴はもっと高価です。 Bearpawブーツは通常の着用で1.5年から2.5年持続しますが、Uggsは2年から2.5年持続します。

靴のスタイル

BearpawとUggの両方がシープスキンの使用で知られています。 ただし、ベアポーは通常、シープスキンの裏地付きのスエード牛革のアウターを使用しています。 伝統的なスタイルのプルオンベアポーは、ダークブラウン、タン、ホワイト、ベージュ、ブラック、ピンク、ブルー、グリーンで提供されます。 Bearpawは、プルオンシューズに加えて、スリッパ、ハイヒール、モカシン、サンダル、オートバイやライダーブーツなどのモダンなスタイルのブーツを製造しています。 ブーツ以外では、Bearpawは靴下、スカーフ、Tシャツも製造しています。 Bearpawの内部ツアーについては、このビデオをご覧ください。

従来のUggは双子の羊皮でできています。つまり、2つの羊皮が融合したものではなく、1つの大きな羊皮です。 彼らはまた、カンガルーの毛皮や他の革で来ます。 タンはクラシックな色ですが、プルオンにはさまざまな色があり、メタリックやパターンもあります。 スリッポンシューズに加えて、Uggsはスリッパ、ハイヒールブーツ、オートバイやライダーのブーツなどのモダンなスタイル、モカシン、オックスフォード、スノーブーツを製造しています。 Uggsは、ブーツに加えて、財布、スカーフ、ベスト、ジャケット、衣類、部屋着を製造しています。

ルックアンドフィール

BearpawsとUggの両方は、快適に設計されています。 フリースの裏地があるため、両方とも内側が柔らかいです。 ただし、一般的な顧客は、Uggsは「非常に柔らかい」と述べています。 UggはBearpawsよりも軽量です。 ベアポーには、Uggの滑らかなステッチとは異なり、目に見えるステッチがあります。 ほとんどのレビュアーは、Uggsが前かがみになる傾向がある間、Bearpawsは直立した形をよりよく保持すると思いますが、両方とも非常に暖かいです。

スタイリング

BearpawsとUggの両方の伝統的なプルオンスタイルは、靴下なしで着用できるように設計されています。 Uggはカルトステータスを獲得しており、人々は常にそれらを着用しています。 ただし、BearpawsとUggはどちらも寒い天候を対象としています。 どちらのブランドも、ジーンズやコーデュロイパンツを着用して、ブーツにフィットするようにブーツカットを入れたり、ブーツカットを着用したりできます。 タイツやレギンスも着用できます。 この流行のビデオでは、いつ、どのようにUggを着用するかについて説明しています。

顧客の入力

お客様は、2つのブランドのブーツを定期的に比較しています。 どちらのブランドも、男性、女性、子供向けのスタイルを作っています。 違いの1つは、Beggawの顧客は価格を重視する傾向があり、Uggsの着用者はブランドのロイヤルティを重視する傾向があることです。 あるレビューアーは、人々が実際にベアポーズを着ているときでさえ、常にUggsを着ていると言うとさえ述べました。

ユーザーレビューでは、Bearpawブーツはより重く、丈夫であると述べています。 一部の評論家は、シープスキンのアッパーはUggsほど長くは続かないと述べています。 他の人は、ベアポーには内側に余分なフリースの層がなく、快適さを低下させると言います。 ただし、BearpawsはUggsと同じくらい快適だと主張する顧客がいます。

Uggは軽いと言われています。 一部の評論家は、かかとがより柔らかくて軽いため、かかとがより早く摩耗すると述べています。 しかし、他のユーザーはソールが頑丈だと言います。 Uggはより暖かく、シープスキンのアッパーはより長持ちします。 レビュー担当者は、フリースの余分な層がより快適になると感じました。 あるレビューアは、靴下にUggsを着用すると、フリースがコンパクトになると述べました。

関連記事