ブラックハットSEOとホワイトハットSEO

ブラックハットとホワイトハットSEO違いは、WebサイトまたはWebページの検索エンジンのランキングを改善しようとするときに使用される特定の技術に関連しています。

検索エンジン最適化またはSEOは、Webサイトへのトラフィックの量と品質を改善できるプロセスです。 サイトのランクが高いほど、検索エンジンの結果ページ(SERP)が高くなり、ウェブサイトが自然に訪問する訪問者が増えます。 Googleのような検索エンジンの重要性が高まっているため、SEOは非常に人気のあるインターネットマーケティング戦略です。 検索エンジンは、秘密で厳重に保護された独自のアルゴリズムを介してランキングを決定します。 ただし、これらのアルゴリズムは、特定のよく知られた原則に基づいています。 検索エンジン最適化は、これらの原則を適用して検索ランキングを改善しようとしています。 ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違いは、これらの原則を適用するときに使用される技術に関連しています。

ブラックハットSEOは、検索エンジンによって承認されておらず、詐欺を伴う方法でランキングを改善する試みを指します。 現在の検索エンジンのガイドラインに反しています。 ホワイトハットSEOは、優れた実践方法を使用して、検索エンジンの高いランキングを達成することを指します。 検索エンジンのガイドラインに準拠しています。

比較表

Black Hat SEOとWhite Hat SEOの比較表
ブラックハットSEO ホワイトハットSEO
意味非倫理的な方法でより高い検索ランキングを取得するために使用される手法。検索エンジンの設計に準拠しており、欺ceptionを伴いません。
状態検索エンジンによって不承認。検索エンジンによって承認されました。
結果サイトは最終的には、ランキングの低下により禁止、インデックス解除、またはペナルティが科されます。結果は長続きします。
テクニックブラックハットSEOテクニックには、キーワードスタッフィング、出入り口とクローキングページ、リンクファーミング、非表示のテキストとリンク、ブログコメントスパムが含まれます。ホワイトハットSEOテクニックには、調査、分析、より関連性の高いメタタグの書き換え、コンテンツの改善、Webの再設計が含まれます。

使用される機能とテクニック

通常、ブラックハットSEOテクニックには、検索エンジンのルールと規制を破り、貧弱なユーザーエクスペリエンスを作成し、検索エンジンのスパイダーと人間のユーザーに異なる視覚的および非視覚的な方法でコンテンツを非倫理的に提示する特性が含まれます。 ブラックハットSEOプラクティスは迅速な結果をもたらす可能性がありますが、発見された場合のペナルティのリスクも高くなります。 ブラックハットSEOは、オーガニック検索トラフィックの長期的な問題に対する近視眼的なソリューションです。 Black Hat SEOテクニックには以下が含まれます。

  • Spamdexingは、関連のないフレーズを繰り返して、検索エンジンによってインデックス付けされたリソースの関連性や重要性を操作することです。
  • キーワードスタッフィング -これには、適切な構成なしでキーワードの長いリストをパックすることが含まれます。
  • 目に見えないテキスト -これは、検索エンジンのスパイダーを引き付けるために、白い背景に白いテキストでキーワードを配置することです。
  • Doorway Pages –これは、ユーザーが決して見ることができない偽のページです。 これは、検索エンジンのスパイダーのみを対象に構築され、サイトをより高いインデックスに登録するように仕向けます。
  • 表示のiFrame –ユーザーに表示されるページは、Webページをホストしている会社に属している必要はありません。 これらは、ユーザーが知らないうちにバックグラウンドでユーザーのコンピューターにソフトウェアをダウンロードするために使用されます。

White Hat SEOは、検索エンジンではなくユーザー向けのコンテンツを作成しています。 その主な目的は、アクセシビリティを促進することです。 ホワイトハットSEOは、すべてのSEOガイドラインに従うだけでなく、検索エンジンによってインデックス化されるすべてのコンテンツが、人間のユーザーに表示されるコンテンツと同じであることを保証します。 それは、読みやすさ、コンテンツの関連性、それを読む人々に役立つよく構造化され、よく書かれたコンテンツに焦点を当てています。 また、信頼できるソースからの関連するインバウンドリンクを構築するだけでなく、必要に応じてWebサイトの内部でクロスリンクページに焦点を当てています。

ホワイトハットとブラックハットSEOの有効性

SEOは科学であり、芸術です。 SEO実践者コミュニティでは、ホワイトハットテクニックとブラックハットテクニックの有効性に関して幅広い意見があります[1] [2]。 ほとんどの人は、ホワイトハットテクニックが検索ランキングを改善するのに時間がかかることに同意しています。

ブラックハットとホワイトハットSEOの結果

迅速な結果はブラックハットSEOを魅力的にしますが、非倫理的な慣行の使用によりサイトが禁止(インデックス解除)または厳しく罰せられる可能性があります。 長期にわたって運用する予定のWebサイトにとって、このリスクは価値がないと広く信じられています。 さらに、ブラックハットSEOメソッドでは、短期的な結果しか得られません。 ホワイトハットSEOは、倫理的手法、優れたコンテンツ、適切なキーワード、および長期的な結果をもたらすスマートマーケティングアングルの組み合わせを使用して、サイトのランクを上げます。

パンダ

GoogleのPandaアップデートは、高品質のコンテンツを含むWebサイトに報酬を与えます。 このアルゴリズムの更新後、サイト上の低品質のページは、それらのページのランキングだけでなく、Webサイト全体のランキングにも影響しました。

ペンギン

Googleのペンギンアップデートは、一部のウェブサイト所有者が「リンクファーム」から数千のリンクを蓄積していたブラックハットSEO技術を特に対象としています。 ペンギンの更新により、数千のそのようなウェブサイトが処罰されました。 ウェブマスターは、自分のサイトを指している悪いリンクを削除するよう奨励されました。 場合によっては、それらは正常に実行できましたが、多くの場合、ウェブマスターは誰にリンクするかを制御できません。

ネガティブSEO

自分のサイトに誰がリンクするかを制御できないため、競合他社がリンクファームに支払いを行って、品質の低いサイトからWebサイトへの「悪いリンク」を指し示す可能性があります。 Googleのアルゴリズムは、これらのリンクに対してペナルティを科す可能性があり、検索エンジンのランキングが低下します。 Bingには、ウェブマスターが自分のウェブサイトを指している悪いリンクを否認できるツールがありますが、Googleはそうではありません。 一部のアナリストは、アルゴリズムをネガティブSEOで遊ばせているとGoogleを批判しています。

関連記事