BSE対NSE

ボンベイ証券取引所BSE )と国立証券取引所NSE )は、インドの主要な証券取引所です。 BSEはアジアで最も古い証券取引所であるという区別がありますが、NSEは国内最大です。

比較表

BSE対NSE比較チャート
BSE NSE
上場企業数5, 163(2012年末現在)1, 635(2013年7月現在)
上場企業の時価総額1.32兆米ドル(2013年1月現在)0.989兆米ドル(2013年7月現在)
メインインデックスBSEセンセックスS&P CNXニフティ
インデックス値19, 900(2013年9月現在)5, 889(2013年9月現在)
ロケーションインド、ムンバイインド、ムンバイ
名声を主張するアジアで最も古い証券取引所。毎日の売り上げと取引数の面でインドで最大の証券取引所。
キーパーソンアシッシュチャウハン氏(MD&CEO)チトラ・ラムクリシュナ氏(マネージングディレクター兼CEO)
ウェブサイトwww.bseindia.comwww.nseindia.com
地理的広がり417都市でのプレゼンス1, 486都市でのプレゼンス
メンバー数951(2007年10月)2007年3月時点で1, 009
に設立されました18751992
名前旧ボンベイ証券取引所 今、単にBSE国立証券取引所
時価総額のランキング(2012年12月31日現在)世界で11番目に大きい世界で12番目に大きい
メインインデックスのボリュームでトップの商社(2007年3月まで)tcs、reliance、itc、ongc、infosys、coal india、hdfc bankReliance Industries Limited、Infosys Technologies Limited、Satiam Computer Services。

形成

インド国立証券取引所は、インド政府の要請により大手金融機関によって推進され、1992年11月に納税会社として設立されました。 1993年4月、1956年の証券契約(規制)法に基づいて証券取引所として認められました。NSEは1994年6月に卸売債務市場(WDM)セグメントで事業を開始しました。NSEの資本市場(株式)セグメントは事業を開始しました1994年11月、デリバティブ部門の事業は2000年6月に開始されました。

ボンベイ証券取引所は、アジアで最も歴史のある証券取引所です。 一般的に「BSE」として知られ、1875年に「ネイティブ・シェア&証券ブローカー協会」として設立されました。1956年に証券契約(規制)の下でインド政府から恒久的に認められた最初の証券取引所でした。 Act、1956。以前は、Association of Persons(AOP)でしたが、証券取引所により2005年に通知されたBSE(Corporatisation and Demutualisation)Schemeに基づき、1956年会社法の規定に基づいて法人化され、法人化されました。インド証券取引所(SEBI)。ボンベイ証券取引所は2005年8月8日に設立証明書を、2005年8月12日に事業開始証明書を受け取りました。取引所は継続企業ベースでBSEの事業と運営を成功させました。取引所としての認識は、SEBIによって継続されています。

会員

BSEには874人以上の会員ブローカーがいますが、NSEには、1, 000人以上の会員がいます。 NSEでは、将来の取引メンバーは、市場セグメントの次の組み合わせのいずれかに参加できます:卸売債務市場セグメント、資本市場(CM)および先物およびオプションセグメント、CMセグメントおよびWDMセグメント、またはCMセグメント、WDMおよびFおよびOセグメント。 BSEにはそのようなものはなく、メンバーは次のいずれかとして参加します:トレーディングメンバー、トレーディング兼クリアリングメンバー、プロフェッショナルクリアリングメンバー、リミテッドトレーディングメンバー、セルフクリアリングメンバー。

NSEの場合:取引会員として認められるためには、個々の取引会員/申請企業の少なくとも2人のパートナー/申請企業の少なくとも2人の取締役が卒業生であり、証券市場で少なくとも2年の経験が必要です。 。 取引会員/そのパートナー/株主/取締役の申請者は、証券取引所で債務不履行者として宣言されてはならず、仲介者として資本市場に関連しているためにSEBIによって禁止されてはならず、ファンドベースの活動に従事してはならない。 取引所で執行された取引は、清算会員によって清算および決済される場合があります。 専門の清算会員(PCM)と呼ばれる特別なカテゴリーの会員がいます。これらの会員は、取引は行わず、他人が実行した取引のみを清算します。

BSEのメンバーの初期参加料はRsです。 NSEメンバーの場合は90 Lakhですが、選択するメンバーシップの種類に応じて100〜300 Lakhです。

NSEメンバーは、年会費に加えて、彼らが引き受ける取引の取引手数料を支払う必要があります。 Rsのレートで取引手数料を支払います。 Rごとに3.5。 CMセグメントでの1ラークの売上高。 F&Oセグメントで彼が実行した取引について、取引メンバーが取引所に支払う取引手数料は、Rsのレートで固定されています。 最低1千ルピーの対象として、売上高1ラフにつき2(0.002%)。 年間1, 00, 000。 BSEでは、これらの料金はメンバーの種類によって異なります。

BSEの場合、メンバーになるための要件は次のとおりです。

  • 証券会社としてNSCにより承認
  • BSEの承認
  • NSCからの交渉
  • BSEの訓練を受けたスタッフ(ブローカー、トレーダー、会計士)
  • 会員登録に関するデータ
  • 会社の条例
  • 会費
  • 財務諸表
  • 会社のミッションステートメント
  • 内部運用と管理に関するハンドブック
  • 管理および専門スタッフ向けの個人情報ファイル
  • 保証基金への寄付
  • オペレーティングシステムを使用するためのライセンスアクセスの支払い

リスティング

上場とは、取引所の取引プラットフォームへのセキュリティの正式な承認を意味します。 BSEでは、証券は、任意の公開有限会社、中央政府または州政府、準政府およびその他の金融機関/法人、自治体などのものである可能性があります。上場の目的は、主に次のとおりです。 経済発展のために貯蓄を動員します。 完全な開示を保証することにより、投資家の利益を保護する。 証券取引所には、1956年証券契約(規制)法、1957年証券取引法(規制)規則、1956年会社法、SEBIが発行したガイドラインの規定に従って、会社の上場証券の承認を与える上場部門があります。および交換の規則、付属定款および規則。 証券を取引所に上場させる会社は、取引所が規定する上場要件を遵守する必要があります。 要件の一部は次のとおりです。

  • 新会社の最低上場要件
  • 他の証券取引所に上場している企業の最低上場要件
  • この取引所の再上場を求めているこの取引所によって上場廃止された企業の最小要件
  • 発行会社の目論見書で取引所の名前を使用する許可
  • 申請書の提出
  • 証券の割り当て
  • 取引許可
  • 1%のセキュリティの要件
  • リスティング料の支払い
  • リスティング契約の遵守
  • 現金管理サービス(CMS)-出品手数料の回収

NSEでは、リストに適用される場合、次の基準が満たされます。

  • 覚書および定款の承認
  • 目論見書案の承認
  • 申請書の提出
  • リスティングの条件と要件

企業がこれらの基準を満たしたら、次の事項を取締役会に提出する必要があります。

  1. プロモーターと管理に関する簡単なメモ。
  2. 会社概要。
  3. 過去3年間の年次報告書のコピー。
  4. ドラフトオファードキュメントのコピー。
  5. 覚書および定款。

上場料金は、NSEとBSEの両方で資本を支払った企業によって異なります。 NSEでの最初の上場料金はRs.7, 500ですが、BSEではRs.20, 000です。 Rsまでの払込資本金を持つ会社の年間上場料。 5 Crores is Rs。 Rsである間、BSEで10, 000。 NSEで8, 400。 資本金が5から10クロールの会社の場合、BSEはRsを請求します。 NSEがRsを請求する間15, 000。 10, 000。

指数

BSEのメインインデックスはSENSEXで、NSEのインデックスはCNX Niftyです。 BSEの他のインデックスは、BSE 500、BSE 100、BSE 200、BSE PSU、BSE MIDCAP、BSE SMLCAP、BSE BANKEX、BSE Teck、BSE Auto、BSE Pharma、BSE Fast Moving Consumer Goods(FMCG)、BSE Con​​sumer Durables(シンボル:Cons Dura)、BSE Metal。

NSEはまた、India Index Services&Products Limited(IISL)として知られるインデックスサービス会社として設立され、S&P CNX Nifty、CNX Nifty Junior、CNX 100(= S&P CNX Nifty + CNX Nifty Junior)、S&P CNX 500(= CNX 100 + 72業界の400の主要プレーヤー)、CNX Midcap(CNX Midcap 200に代わる2005年7月18日に導入)。

関連記事