白人と白

米国では、白人は「白人」または「ヨーロッパの祖先」の同義語としてよく使用されます。 しかし、人類学では、 白人またはコーカソイドは通常、ヨーロッパの人口の一部またはすべて、コーカサス(ヨーロッパの黒海とカスピ海の間の地域、ジョージア、アルメニア、アゼルバイジャン、およびロシア、トルコ、イランの一部を含む)を含みます、小アジア、北アフリカ、アフリカの角、西アジア、中央アジア、南アジア。

歴史人類学的進化

人種分類の初期の試みでは、皮膚の色素沈着が人種間の主な違いと見なされていました。 「白人種族」という用語は、1785年にドイツの哲学者であるクリストフマイナースによって造られました。 マイナーは、白人または美人とモンゴル人またはugい人の2つの人種を認めました。 彼の分類によれば、白人種族はヨーロッパの原住民、西アジアの先住民、北アフリカの原住民、およびインド人を含んでいた。

人類学者ヨハン・フリードリッヒ・ブルメンバッハは人種分類をさらに進め、人間を肌の色に基づいて5つの人種に分けました。白人(「白い人種」)、モンゴロイド(「黄色い人種」)、マレー人(「茶色の人種」)、エチオピア(「黒い人種」)、アメリカ人(「赤い人種」)。

白人の身体的特徴

白い肌の変種

ブルメンバッハは、科学用語、頭蓋の測定、顔の特徴で分類を正当化しようとしました。 彼が指摘したコーカソイドの特徴は次のとおりです。

  • 細い鼻孔(「鼻が狭い」)、
  • 小さな口、
  • 100°〜90°の顔の角度、および
  • 矯正歯科、

後の人類学者は、次のような他のコーカソイドの形態学的特徴を認識しました

  • 著名な眼窩上隆起
  • 鋭い鼻の土台。
  • 顔の下部の最小限の突出(予後がほとんどまたはまったくない)。
  • 頬骨を後退させ、顔をより「尖った」外観にします。
  • 涙の形をした鼻腔(鼻窩)のある狭い鼻孔。

白人は常に白人ではありません。 白人の肌の色は、淡い、赤みがかった白、オリーブ、さらには暗褐色の色調など、さまざまです。 髪の色と質感もさまざまで、波状の髪が最も一般的です。

法的背景

1906年の帰化法は、「自由な白人」と「アフリカ生まれのエイリアンとアフリカ系の人」のみが帰化によって米国市民になることを法律で許可されていると規定した。

1922年、米国最高裁判所は、日系アメリカ人の小沢隆夫が帰化の資格がないと判決した。 裁定の発行において、裁判所は「白人」を定義しました:

「白人」という言葉は、コーカサス人種として一般に知られている人だけを示すことを意味していました。

1923年、最高裁判所は、シーク教徒のインド人であるバガットシンシンドが帰化を求めていた同様の事件を裁定しました。 彼は「ハイカーストのヒンドゥー教徒」として白人種族の一員であると主張した。 彼の議論は人類学的に健全であり、インド・アーリア語話者とヨーロッパ人との言語的結びつきを強調した。

しかし、裁判所は、人種の主題に関する当局は、人種がコーカサス人種の科学的定義に含まれるという点で意見の相違があると述べ、彼の議論を拒否した。

帰化法における「自由白人」という言葉は「白人」という言葉と同義語であり、その言葉は一般的に理解されているだけであり、法定言語は「科学的起源ではなく一般的な言葉である」と解釈されることを指摘した・・・一般的な理解のために、非科学的な男性による共通のスピーチで書かれています。

関連記事