電流対電圧

電流とは、電荷が回路内のポイントを通過する速度です。 電圧は、2点間で電流を駆動する電気力です。

比較表

電流対電圧の比較表
電流 電圧
シンボルV
定義電流とは、電荷が回路内のポイントを通過する速度です。 つまり、電流は電荷の流れの速度です。起電力とも呼ばれる電圧は、電界内の2点間の電荷の電位差です。 つまり、電圧は「単位充電あたりのエネルギー」です。
単位Aまたはアンペアまたはアンペア数Vまたはボルトまたは電圧
関係電流が影響です(電圧が原因です)。 電圧なしでは電流は流れません。電圧が原因であり、電流がその影響です。 電圧は電流なしで存在できます。
測定器電流計電圧計
SIユニット1アンペア= 1クーロン/秒。1ボルト= 1ジュール/クーロン。 (V = W / C)
作成されたフィールド磁場静電界
直列接続電流は、直列に接続されたすべてのコンポーネントを通して同じです。電圧は、直列に接続されたコンポーネントに分配されます。
並列接続で電流は、並列に接続されたコンポーネントに分散されます。電圧は、並列に接続されたすべてのコンポーネントで同じです。

電圧と電流の関係

電流と電圧は、電気の2つの基本的な量です。 電圧が原因であり、電流が影響です。

2つのポイント間の電圧は、それらのポイント間の電位差に等しくなります。 これは実際には起電力(emf)であり、回路を通る電子(電流)の移動を担います。 電圧によって運動を強制される電子の流れは電流です。 電圧は、電荷の各クーロンが仕事をする可能性を表します。

次のビデオでは、電圧と電流の関係について説明しています。

回路

電圧源(バッテリーなど)と抵抗器を備えた電気回路。

電圧源には、電位差のある2つのポイントがあります。 これらの2つのポイント間に閉ループパスがある場合、それは回路と呼ばれ、電流が流れることができます。 回路がない場合、電圧があっても電流は流れません。

記号と単位

大文字の斜体Iは、現在表します。 標準単位は、Aで表されるアンペア(またはアンペア)です。電流のSI単位はクーロン/秒です。

1アンペア= 1クーロン/秒。

1アンペアの電流は、1クーロンの電荷(6.24 x 1018電荷キャリア)が1秒間に回路の特定のポイントを通過することを表します。 電流の測定に使用されるデバイスは、 電流計と呼ばれます。

大文字の斜体Vは電圧を表します。

1ボルト= 1ジュール/クーロン。

1ボルトは、1秒間に1オームの抵抗を介して、電子などの1クーロン(6.24 x 1018)の電荷キャリアを駆動します。 電圧計は電圧を測定するために使用されます。

フィールドと強度

電流は常に磁場を生成します。 電流が強いほど、磁場は強くなります。

電圧は静電界を生成します。 2点間で電圧が増加すると、静電界はより強くなります。 互いに対して所定の電圧を持つ2つのポイント間の距離が増加すると、ポイント間の静電強度が減少します。

直列および並列接続

直列回路で

直列接続されたコンポーネントの電圧が加算されます。 電流は、直列に接続されたすべてのコンポーネントを通して同じです。

直列接続の電気部品

たとえば、2Vバッテリーと6Vバッテリーが抵抗とLEDに直列に接続されている場合、すべてのコンポーネントを流れる電流は同じ(たとえば、15mA)になりますが、電圧は異なります(抵抗に5V、両端に3V導いた)。 これらの電圧は合計してバッテリー電圧になります:2V + 6V = 5V + 3V。

並列回路で

並列接続されたコンポーネントの電流が合計されます。 電圧は、並列に接続されたすべてのコンポーネントで同じです。

並列接続の電気部品

たとえば、同じバッテリーが抵抗とLEDに並列に接続されている場合、コンポーネントを通る電圧は同じ(8V)になります。 ただし、バッテリーを流れる40mAの電流は回路内の2つの経路に分配され、15mAと25mAに分解されます。

関連記事