ドナルドトランプvs.ヒラリークリントン

これは、それぞれ民主党と共和党の大統領候補であるヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの政治的立場と政策の公平な比較です。

多くの問題で、候補者の立場は彼らの政党の政治的基盤と一致しています。クリントンは支持派、トランプは支持派です。 クリントンはDREAM法と非文書化移民の市民権への道を支持し、トランプはすべての非文書化移民を国外追放し、メキシコ国境に壁を築きたいと考えています。 クリントンは銃規制法の拡大を望んでいるが、トランプはそうではない。 クリントンは高所得世帯の増税を望み、トランプはすべての所得層の減税を望んでいます。

他の問題では、線がよりぼやけています。 クリントンはオバマ政権で国務長官を務め、米国外交政策の調整を担当しました。 トランプは、国務長官としてのクリントンの役割を批判するだけでなく、NATOや米国の日本での存在などの重要な外交政策要素にも疑問を投げかけています。

2016年11月28日更新:ミシガン州がドナルド・トランプを支持して召集された後、選挙票の最終集計はトランプ306とクリントンが232を獲得した。クリントンは約250万票で人気票を獲得した。 詳細な選挙結果

比較表

ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの比較表
ドナルド・トランプ ヒラリー・クリントン
政治団体共和党員民主的
母校フォーダム大学、ペンシルバニア大学ウォートン校イェール大学ウェルズリー大学
生年月日1946年6月19日1947年10月26日
出生地ニューヨーク市クイーンズイリノイ州シカゴ
現在位置実業家-トランプ組織元国務長官、元(2009年1月21日〜2013年2月1日)
ウェブサイトwww.donaldjtrump.comwww.hillaryclinton.com
移民に関する立場メキシコ国境に壁を築き、メキシコに支払いをさせます。 法的移民を許可します。 ICE役員の3倍; すべての「犯罪」エイリアンを追放します。 保護区の資金を払い戻します。 生得権のある市民権の終了。 H1-Bビザの優遇賃金を引き上げるDREAM法と、英語の学習と罰金の支払いを含む違法移民の合法化への道をサポートします。 不法移民の雇用に対する罰則を強化する。 メキシコ国境沿いのフェンスに投票しました。 オバマの執行行動を支援します。
ヘルスケアの位置Obamacareを取り除きます。 州の境界を越えて保険を販売しましょう。 保険料は税控除の対象となります。 個人にHSAを許可します。 費用分担ではなく、メディケイドの州への交付金をブロックします。Obamacareを展開します。 控除前に3回の病気の訪問が無料。 収入の8.5%および5%を超える保険料および自己負担費用に対する税額控除。 メディケイドを100%マッチングファンドを介して3年間州に登録し、登録プログラムの資金を増やします。
中絶の位置スタンスを変更しました。 レイプ、近親相姦、または母親の命の場合を除き、中絶を禁止するようになりました。 Planned Parenthoodが提供する妊娠中絶サービスを支援します。Roe v。Wadeを強力にサポートします。 妊娠後期中絶の制限に反対しません(母親の健康を除く)。 裁判官は女性の権利を保護すべきである。 NARALによる100%の評価。 計画的親子関係の払い戻しに激しく反対
税務政策新しい連邦所得税の区分:0%(<$ 25K個人/ $ 5, 000カップル)、10%、20%、25%; AMTを排除します。 法人税率を15%に引き下げます。 トランプの税制は、連邦政府に9.5兆ドルの費用がかかります。高所得者の税金を増やします。 500万ドル以上の収入に対する43.6%の新しい税制。 クリントンの税制は、連邦政府に対して200〜500百万ドルの収益を上げると推定されています。
経済政策中国を通貨マニピュレーターとして宣言します。 10%の税率で海外に保持されている法人の現金の1回送金。その後、海外で得た法人所得に対する税の繰り延べが終了します。より高い最低賃金。 2年間、税額控除による企業の利益分配を奨励します。
最低賃金の位置マップ中のコメント。 共和党の議論では、賃金は「高すぎる」と述べたが、後に1時間あたり7.25ドルは低すぎると述べた。 「人々はもっと得るべきだと思う」。 州に最小値を設定させたい。クリントンは、最低賃金を全国的に12ドルに引き上げることを提案している。
政府規制に関する見解EPAを「カット」します。 「私たちは少し離れることができます」[完全に廃止するのではなく、代理店を設置する]フラッキングや飲料水のような環境問題に関するより厳しい規制。
イラクでの地位トランプは、侵略前にイラク戦争に反対したと主張している。 ただし、12年9月にためらいがちにサポートしていることを記録しています。 戦争が始まってから数か月後、戦争の費用と方向性に関する初期の懸念を表明した。クリントンは、イラクでの軍事力の承認に投票しました。 後に部隊の増加に反対し、撤退を求めた。
地球温暖化に関する見解トランプは「地球温暖化の概念は、米国の製造業を競争力のないものにするために、中国人によって、そして中国人のために作成された」とツイートしています。 彼は、彼が国連世界気候協定の下でアメリカの役割と義務を再交渉すると言った。2050年までに二酸化炭素排出量を1990年レベルより80%削減するための必須のキャップアンドトレードシステムをサポートします。完全な禁止ではなく、フラッキングに関するより多くの規制を呼びかけています。 北極での石油掘削についての疑念を表明したが、停止を求められなかった。
Keystone XLパイプライン上の位置当初、トランプ氏はKeystone XLパイプラインを「即座に」承認すると述べました。 彼の新しい立場は、TransCanada Corp.が米国に「利益の大きな、大きな塊、または所有権さえ」与えない限り、パイプラインを拒否するということです。長い間、クリントンのキャンペーンは彼女が立場を持たず、しばしば質問を避けていると言っていました。 現在の彼女の立場は、「国境を越えてカナダ西部のタールサンドを利用して、非常に汚れた油を運ぶパイプラインを用意する必要はないと思います」。
銃の権利に関する見解第2修正権をサポート。 新しい銃規制法に反対。 「既存の法律を施行する」; 「壊れたメンタルヘルスシステムを修正する」。 「法を守る銃の所有者の権利を擁護する」、「軍事要員が軍事基地および募集センターで武器を携帯することを許可する」より厳しい攻撃武器の禁止をサポートし、より多くの銃の販売には背景チェックが必要です。 銃の安全性に関するより多くの法律が必要です。
マリファナ合法化に関する見解「医療目的のための[マリファナのための]それは絶対に大丈夫です」と述べています。 ドナルド・トランプは(1990年に)米国の麻薬取締りは「冗談」であり、すべての麻薬は「これらの麻薬から利益を奪うために合法化されるべきである」と主張しているマリファナを現在よりも制限の少ない薬物に再分類しますが、合法化しないでください。 レクリエーション用マリファナへの「待ち合わせ」アプローチ。 医療用マリファナは、「極限状態」でのみ利用可能でなければなりません。
環太平洋パートナーシップ(TPP)の位置トランプは、TPPを含むすべての貿易取引を非難しました。それらはよく交渉されておらず、条件は米国にとってより有利なものにすべきでした。クリントンは、TPPに対する彼女の世論の反応でより測定されました。 彼女が国務長官だったとき、クリントンと彼女のスタッフはTPP貿易協定を完成させて通過させるために働きました。
死刑に関する立場死刑を支持します。 警察官を殺害した人々に対する強制死刑を提唱します。クリントンは死刑を支持しています。 非常に限られた数の連邦のケースでしか存在しないと考えています。
シリアとISISの立場(Daesh)地面にブーツを置かないでください。 むしろ、ISISの主要な資金を排除します。 それは、採油、製油所などを破壊することです。「それらからs ** tを爆破してください[ISIS制御油田]」クリントンは、シリアの反乱軍の訓練と同様に、飛行禁止区域をサポートしています。 彼女は、地上でブーツを展開するのではなく、ISISとの戦いに米国が強く関与しているためです。
イランの位置トランプは、彼がイランの核取引を拒否し、それを再交渉すると言った。イラン合意に賛成。 国務長官として、イランに対する制裁と協定に関する交渉の基礎を築いた。
アフガニスタンでの地位アフガニスタン戦争が必要でした。 核武装されたパキスタンに近いため、そこに存在し続けることが必要です。 約5, 000人の兵士の部隊を維持します。クリントンは、必要に応じてアフガニスタンでいくつかの軍隊を維持することに開放的だと言いました。
TARPの位置付け(2008年ウォール街の救済)トランプはウォール街救済(TARP)を支持しました。 「それがどのような影響を与えるのか、誰も本当に知りません。たぶんそれはうまくいくかもしれませんし、そうではないかもしれません。クリントンは、ウォール街の金融機関のTARP救済を支持しました。
配偶者メラニアトランプ(m。2005)、マーラメイプルズ(m。1993–1999)、イヴァナトランプ(m。1977–1992)元米国大統領ビル・クリントン
宗教プロテスタント(長老派)クリスチャン・メソジスト
子供達ドナルドトランプジュニア、イヴァンカトランプ、エリックトランプ、ティファニートランプ、バロントランプチェルシー・クリントン
著書Art of the Deal(1987)、Never Give Up(2008)、Think BIG and Kick Ass in Business and Life(2007); トランプ101:成功への道(2007); なぜ私たちはあなたに金持ちになりたいのか(2006); 億万長者のように考える(2004); その他彼女の自伝-生きている歴史; それは村を取ります:子供たちが教える他のレッスン; 親愛なるソックス、親愛なるバディ:最初のペットへの子供の手紙とホワイトハウスへの招待。
その他の政治的所属民主党(1987年以前; 2001–09); 独立(2011–12)共和党員(1968年以前)
ランニングメイトマイク・ペンスティム・ケイン

経済政策の違い

クリントンとトランプの経済政策の違いのほとんどは、政府の役割についての民主党員と共和党員の間の根本的な違いに起因する可能性があります。

しかし、トランプ大統領は、共和党の党路に立ち入らない論争の的となるコメントをいくつか出しました。 たとえば、国家債務についての彼の提案の1つは、米国政府の債権者に彼らが負っているよりも少ない負債を受け入れさせることでした。 これは技術的には米国の債務不履行に相当​​しますが、トランプ氏は債務不履行について話しているのではなく、それよりも価値の低い債務を買い戻すことについて話していると主張しました。 企業部門では、そのような買い戻しが行われます(そして実際、トランプは自分のビジネスにこの手法を使用しました)が、米国政府の完全な信用と信用が得られると、より複雑になります。 専門家は、そのような動きは米国にとって新しい借り入れを非常に高価にし、古い借金を返済するために新しい借り入れが必要であると言った。

クリントン対トランプの税制

ヒラリークリントンとドナルドトランプの税務計画を詳細に分析し、以下のハイライトを含めます。

ヒラリークリントンの税制

ヒラリークリントンの税制計画のハイライトは次のとおりです[1]。

  • 個人税
    • 500万ドルを超える収入に対する4%の税金
    • 「バフェット規則」は、収入が100万ドルを超える人々に最低30%の税率を義務付けています
    • すべての項目別控除額は、28%の税額で制限されます
    • キャピタルゲインの税率階層を現在の2(1年の短期)から7(<1年、1〜2年、2〜3年など)に引き上げ、6年以上保有されている資産の最低税率ブラケット)
    • IRAや401kアカウントなどの税制優遇された退職アカウントに保存できる金額を制限します。
    • 現在、キャピタルゲイン税率(より低い)で課税されている利息は、通常の所得税率で課税されます。
    • 介護者の費用に対する1, 200ドルの税額控除
    • 不動産税の引き上げ—別名「死の税」:クリントンの以前の提案は、不動産税を40%から45%に引き上げ、不動産税の免除を540万ドルから350万ドルに減らすことでした。 彼女の最新の提案は、それぞれ545万ドル、1000万ドル、5000万ドル、5億ドルに相当する不動産に45%、50%、55%、65%の税制を設けることです。 一部のアナリストは、賢明な不動産計画を通じて、すべての富裕層がこれらの税金の支払いを避けるため、これは収益を増加させないと主張しています。
  • 法人税
    • 高頻度取引に対する新しい税
    • 企業の利益分配プログラムの最初の2年間の利益分配に対する税額控除。 クレジットは分配された利益の15%になり、従業員の年間賃金の10%の利益分配額で上限が設定されます。
    • 企業が外国の子会社に再保険料を支払う「再保険料」の抜け穴を塞ぐ。

分析:クリントンの税制の経済的影響

非党派税政策センター 、クリントンの税制による分析によると

次の10年で収益が1.1兆ドル増加します。 ほぼすべての増税は上位1パーセントになります。 納税者の下位95パーセントは、税金の変更をほとんど、またはまったく見ないでしょう。 限界税率が上昇し、労働、貯蓄、投資のインセンティブが低下し、税法がより複雑になります。

別の分析によると、保守的な研究グループThe Tax Foundationによると 、クリントンの提案は、長期的にはGDPを1%削減し、雇用を311, 000削減します。 この計画により、連邦政府の収入は約5兆ドル増加しますが、政策のマクロ経済的影響を考慮すると、1, 910億ドルになります。

ドナルドトランプの税制

ドナルド・トランプは2015年秋に彼の税制を発表しました。それは彼のキャンペーンが詳細な計画を発表した数少ない問題の1つでしたが、彼は2016年の晩春にそれを書き直そうとしていました。 トランプの税制計画のハイライトは次のとおりです。

  • 個人税
    • 税制を7から4に減らします— 0%、10%、20%、25%
    • 標準控除額を1人あたり25, 000ドルに増やす
    • 配当金およびキャピタルゲインに対する税金は20%を上限とする
    • AMT(代替最低税)、遺産税、贈与税を廃止する
    • 低いキャピタルゲイン税率ではなく、通常の収入として課税される繰越利息
    • Affordable Care Act(別名Obamacare)への資金提供に適用された純投資所得税(NIIT)を廃止します。 この税—現在は3.8%—は、25万ドル以上を稼ぐ世帯の投資収入に適用されます。
  • 法人税
    • 法人所得税率を35%から15%に引き下げる
    • 外国所得に対する法人所得税の繰り延べを禁止します。 10%の1回限りの本国送還税率により、現在海外にいる企業のお金を米国に持ち帰ります。
    • 支払利息が控除できる金額の制限

分析:トランプの税制の経済的影響

トランプは彼の税制は収入に中立であると主張しているが、専門家はトランプの提案が政府債務を大幅に増加させるので、この主張を「空っぽのナンセンス」と呼んでいる。

Tax Foundationによるトランプの税制によると、この提案はGDPを11.5%増加させ、長期的には530万人の雇用を創出するでしょう。 しかし、この計画は、連邦政府の歳入を10年で10兆ドル以上削減するため、連邦債務の大幅な増加にもつながります。 参考までに、現在、国家債務は18兆ドルの北です。

Tax Policy Centerによる分析によると、この計画は収益を9.5兆ドル削減し、計画はすべての所得レベルで減税を行いますが、最大の利益は高所得世帯に生じます。 ただし、分析では、この計画により、働く、節約する、投資するインセンティブが改善されると指摘しています。

トレード

両方の候補者は、環太平洋パートナーシップ(TPP)に対する反対を発表しました。TPPは、2016年2月に署名されたがまだ実施されていない12環太平洋諸国間の貿易協定です。 合意には交渉に7年かかったが、その中にはクリントンが国務長官を務めた時期もあった。 その役割において、クリントンはこの合意を支持し、交渉と完了の成功を主張しました。 しかし、民主党の主要なプロセスの間、バーニー・サンダースはTPPを批判し、クリントンは数か月間非コミットメントのままで、ついに貿易取引への反対を宣言しました。 TPPに関する彼女の声明は、次のとおりです。

私たちは世界人口の5パーセントです。 他の95パーセントと取引する必要があります。 そして、貿易は相互的でなければなりません。 それが世界経済の仕組みです。 しかし、世界経済で競争し、勝つためにアメリカの労働者が必要とする基本的なセーフティネットのサポートを提供できませんでした。

ドナルドトランプもTPPに反対しており、より良い取引を交渉できると主張しています。

どちらの候補者も、彼らが反対する取引の条項とそれらを置き換えるものを正確に指定していません。

中国

トランプ氏とクリントン氏は、貿易に関して中国と話し合っている。 クリントンは、中国はWTOのルールに従って行動すべきだと述べています。

通貨操作、環境破壊、悲惨な労働条件の終結に焦点を当てるべきです。

トランプは中国がアメリカの仕事を「盗んでいる」と不満を言い、中国製の商品に輸入関税を課すことを誓った。 そのような関税は、中国からの輸入をより高価にし、それによって中国の輸出を傷つけますが、アメリカの消費者の価格も引き上げます。 共和党員は一般に自由貿易と関税に反対しているため、この立場は共和党の組織や他の経済専門家の間では人気がありませんでした。

最低賃金

クリントンは、全国の最低賃金を1時間あたり12ドルに引き上げることを支持しています。 トランプはこれに反対し、州は最低賃金を設定すべきだと述べた。 彼は、現在の連邦政府の最低賃金である1時間あたり7.25ドルは低すぎると言いましたが、それを引き上げる規制には反対します。 トランプはまた、別の機会に、アメリカの賃金が高すぎると主張しています。 実際、トランプはこの問題について数回フリップフロップしているため、本当の位置を確認するのは困難です。

医療政策

トランプは、手ごろな価格のケア法(別名オバマケア)を廃止したいと考えており、彼のヘルスケアに関するポリシーペーパーで次の提案を行っています。これらの提案はすべて、ポールライアンらによって提供された伝統的な共和党の提案と一致しています:

  • 販売されているプラ​​ンが販売先の州の要件に準拠している限り、州の境界を越えて保険を販売できます。
  • 個人が納税申告書の健康保険料の費用を完全に控除できるようにします。
  • 「保険をかける余裕がないという理由だけで、誰もが亀裂をすり抜けないようにしてください」。 「メディケイドの基本オプションを確認し、州と協力する」以外に、これを行う方法に関するポリシーの推奨事項はありません。
  • 個人の健康貯蓄口座(HSA)を許可します(現在は職場を経由する従業員のみです)。 HSAへの寄付は非課税である必要があり、蓄積を許可する必要があります。
  • すべての医療提供者に価格の透明性を要求する。
  • 連邦政府がプログラム支出の特定の割合に対して州に支払う現在のシステムの代わりに、州へのブロック交付金の形でメディケイドの代金を支払います。
  • 海外からの薬の輸入を許可します。

医療に関するクリントンの立場は、次の考えを概説しています。

  • 手頃な価格のケア法を保持し、それに基づいて構築します。
  • 以下のポリシー(ここに概要を示します)を実施することにより、自己負担の医療費を削減します。
    • 消費者が控除対象の支払いを開始する前に、毎年3回の病気の訪問を提供する計画を要求します。
    • 健康保険料の税額控除を強化し、取引所で購入する家族が収入の8.5%以上を保険料に費やす必要がないようにしました。
    • 年収の5%を超える自己負担医療費の家族に対しては、個人に対して最大2, 500ドル(5, 000ドル)の税額控除。 このクレジットは累進的です。つまり、所得が上がると段階的に廃止され、より高い税率の人々は利用できなくなります。
    • 責任あるケア組織でケアを調整するための医師や病院のインセンティブを与える[クリントンは方法を明示していない]
    • 競争が低下するかどうかを研究するための、健康保険会社の合併と買収に関するより高い精査。
    • 「不当な」健康保険料率の増加をブロックまたは修正する[規制]権限を強化する。 目的は、「明確な正当化なしに過度の2桁のレートの増加」を防ぐことです。 クリントンの計画は、どの増加率が合理的と見なされるか、または何が「明確な正当化」を構成し、誰がそれを決定するかを指定していません。
    • 医療費の「拡張された開示要件​​」、および詳細に指定されていない「新しい費用共有保護」。
  • メディケイドの拡大にサインアップした州に最初の3年間、100%のマッチングファンドを提供することにより、州によるメディケイドの拡大を奨励します。
  • 健康ナビゲーター、広告、その他のアウトリーチ活動を通じて、メディケイドやその他の健康保険プログラムへの加入を後押しするための追加資金-年間5億ドル-
  • 移民の状況に関係なく、人々が健康に関する保険を購入できるようにします。
  • 「パブリックオプション」、つまり、メディケアによく似た、政府が運営する健康保険プランを含めます。これは、取引所で買い物をする人が利用できます。

社会問題

中絶について

中絶は、2人の候補者が政党の方針に従う別の問題です。 クリントンは、女性が選択する権利を守るだけでなく、計画的親子関係も擁護すると述べた。女性が重要な健康と生殖サービスにアクセスできるようにするためだ。

私は、計画的親権を返済する共和党の努力を含む、女性のリプロダクティブヘルスケアへのアクセスをロールバックする努力に反対します。 社長として、私は計画的親子関係と、安全で合法的な中絶を含む重要な医療サービスへの女性のアクセスに立ち向かいます。

クリントンは妊娠後期中絶について、母親の生命と健康を考慮に入れれば、妊娠第三期の「最後の」妊娠中絶の制限に反対しないと述べた。

トランプは、妊娠中絶の問題に対する彼のスタンスを、自分自身を「非常にプロチョイス」と呼ぶことから、プロライフになることへと変えました。 彼は、あらゆる中絶防止法において、母親のレイプ、近親相姦、および生命という通常の例外を求めています。 共和党のいくつかのライバルとは対照的に、子宮頸がんや乳がんのスキャンや診断など、組織が女性に提供する他のサービスのために、トランプは計画親権を擁護していました。

トランプは、妊娠中絶が違法であり、何らかの方法で行われた場合に何が起こるべきかという質問に答えたときに、お湯を浴びました。 彼は、法律が破られたので、中絶を受けた女性は刑務所に入るべきだと言いました。 しかし、彼は軽視を受けた後、彼の立場を修正し、妊娠中絶を行った医師はそれを受けた女性ではなく、罰せられるべきだと述べた。

移民について

移民は、2人の候補者が激しく反対する視点を持つ分​​野です。 トランプは、文書化されていないすべての移民を国外追放し、不法移民を減らすためにメキシコ国境に壁を建設するよう求めています。 トランプは、現在米国に不法滞在している移民の完全な市民権への道に反対しています。これには、子供の頃に違法に入国し、ほとんどすべての人生を国で過ごした人々も含まれます。 トランプは、移民に関するオバマ大統領の執行行動にも反対しました。

トランプはまた、「何が起きているのかが分かるまで」外国のイスラム教徒の米国への入国を禁止するよう求めている。

トランプは2016年8月に彼の移民スタンスを和らげるように見えたが、後に和らげられたすべての和らいだ。 トランプの副大統領候補のマイク・ペンスとキャンペーンマネージャーのケリーアン・コンウェイはどちらも、犯罪を犯していない文書化されていない移民に何が起こるかという質問をそらすように見えた。 [4]

対照的に、クリントンは、暴力犯罪を犯していない非文書移民の「完全かつ平等な市民権」への道を求めています。 彼女はオバマ大統領の執行行動を擁護するだけでなく、「家族を一緒に保つ」ためにそれらをさらに進めることを誓った。 クリントンは大統領として、「家族の拘禁を終了し、民間移民の拘留センターを閉鎖し、より適格な人々が帰化するのを助ける」と述べた。 彼女はまた、移民関連の問題に対処するために、新しい政府機関である移民局を設立することを提案しています。 クリントンは、大統領職の最初の100日以内に、包括的な移民改革と合法的な市民権への道を導入することを約束しました。

クリントンはまた、米国はすべての宗教、そして無神論者が平等に扱われる世俗的な国家であるため、イスラム教徒がビザの取得や入国を禁止するというトランプの提案に反対しています。

ラテン系アメリカ人に関するトランプの論争の声明

ドナルド・トランプは、メキシコ人や他のラテンアメリカ人について、いくつかの物議を醸す声明を発表しました。 おそらく最も挑発的なのは次の声明だった:[5]

メキシコが国民を派遣するとき、彼らは最善を尽くしていない。 彼らは多くの問題を抱えている人々を送り、それらの問題を私たちにもたらしています。 彼らは薬を持っています。 彼らは犯罪をもたらしています。 彼らは強姦犯です。 そして、私は良い人だと思う人もいます。

このコメントに対する抗議に直面して、トランプは引き下がることを拒否した。 彼はビル・オライリーとのテレビインタビューで彼の発言を擁護した:[6]

いいえ、完全に正確だからです。 国境は災害です、ビル。 国土安全保障によれば、人々は不法入国者、そして不法移民を意味します。 レイプに関しては、これは驚くべき統計です。中央アメリカの女性と少女の80%が米国に渡ってレイプされています。信じることすら困難です。

銃規制

修辞学の観点から、2人の候補者は銃に関する反対の見解を表明しています。

2000年の著書「The America We Deserve」では、トランプは攻撃武器の禁止と、銃を購入するためのわずかに長い待機期間を支持していると書いています。 しかし、2016年の選挙シーズンでは、トランプは頑固に支持者であり、追加の規制に反対しています。 銃権に関するトランプの最新の立場は、彼のキャンペーンの公式ウェブサイトで概説されています。

クリントンは、憲法修正第2条の権利と、銃を「間違った手」から遠ざけるという目標とのバランスをとりたいと言っています。

彼女は「テロリスト、家庭内虐待者、および他の暴力犯罪者から銃を遠ざける常識的な改革」を求めました。 彼女は、次の抜け穴を含む、「包括的なバックグラウンドチェック」と「銃が間違った手に落ちる可能性のある抜け穴を閉じる」ことに賛成しています。

  • 銃ショーの抜け穴 :連邦法の下では、個人の売り手は買い手の身元調査を行う必要はありません(許可されていません)。 さらに、個人の売り手は販売を記録する必要も、身分証明書を要求する必要もありません。
  • チャールストンの抜け穴 。これにより、政府がバックグラウンドチェックを実行するのに3日間待機した後、バックグラウンドチェックなしで銃の販売が行われます。
  • 「オンラインの抜け穴」は、個人の売り手がバックグラウンドチェックを実行せずにオンラインで州内の取引を行えるようにします。

銃の権利に関するクリントンの公式の立場は、彼女のキャンペーンウェブサイトでここに概説されています。

ブラック・ライブス・マターの動き

両方の候補者は、警察と彼らが奉仕するコミュニティとの間のより強力でより調和のとれた関係を求めています。 トランプはまた、特に犯罪率が高い地域では、より多くの警察を求めています。 彼は、シカゴでストップアンドフリッシュな警察システムを導入することを提唱しており、ニューヨークでの犯罪を減らすのに非常に効果的だったと主張しています。 国家警察組合である警察の兄弟会(FOP)は、ドナルドトランプを支持しています。

クリントンは、警察を含む「暗黙のバイアスは誰にとっても問題である」と述べています。 彼女は「多くの警察官を再訓練することによって暗黙のバイアスに対処するのを助けるために」予算にお金を加えることを提唱しました。

トランプは、1994年の連邦犯罪法案の通過におけるクリントンの役割についても批判しました。法案の重要な規定は、非暴力犯罪を含む重罪犯罪者に終身刑を義務付ける「3回スト」法でした。 暴力犯罪規制および法執行法と題された法案の批評家は、それが何千人ものアフリカ系アメリカ人男性の大規模な収監の原因であり、色のコミュニティに壊滅的な影響を与えたと言います。 法律の支持者は、1990年代半ばに始まった暴力犯罪の急速な減少の一因となったと主張しています。

アフリカ系アメリカ人に関するトランプの論争には、トランプの会社がアパートを黒人テナントに賃貸することを拒否した差別を主張する1970年代の司法省訴訟と、「怠lazは黒人の特性である」という発言が含まれています。

ここ数ヶ月、トランプは黒人コミュニティからの投票を求めているが、貧困から抜け出して生活条件を改善するのに十分なことをしていないとして民主党員を批判している。 アフリカ系アメリカ人への彼の訴えは、「何を失う必要があるか」です。

市民の自由と国土安全保障

どちらの候補者も、NSA内部告発者のエドワード・スノーデンの啓示によって提起された市民の自由の問題に対処していない。

死刑

トランプは、警察官のすべての殺害を含むように死刑を拡大するよう求めています。 クリントンも死刑を支持しているが、連邦刑事事件の限られた数でのみ死刑が執行されると信じている。

マリファナ合法化について

マリファナは現在、ヘロイン、LSD、MDMA(エクスタシー)、メスカリンなどの他の薬の会社で、スケジュールI薬として分類されています。 コカイン、オキシコドン、メタンフェタミンのような他の中毒性の高い薬物は、スケジュールIIで異なって規制されています。 2016年8月、オバマ政権は制限を緩めることを拒否し、2人の知事と1人の看護師によるマリファナの再分類の申請を拒否しました。

クリントンは、現状を継続すること以外に、マリファナの合法化についての立場を持っていません。 つまり、マリファナをスケジュール1の薬に保ち、コロラド、ワシントン、アラスカでの「実験」がどうなるかを待って見てください。

トランプは過去に、すべての麻薬を合法化することを提案しており、「麻薬戦争」は「冗談」であり、麻薬合法化は「これらの麻薬皇帝から利益を奪う」と主張した。 最近のインタビューで、トランプは「医療目的-医学目的-でマリファナは絶対に大丈夫です」と言っており、マリファナを娯楽目的で合法化することに反対していることを暗示しています。

同性愛者の権利

2015年に同性愛者の結婚を合法化した最高裁判所の決定の後、同性愛者の権利は政治的な問題ではなくなりました。 この比較には、候補者のシフト位置を示すために含まれています。

クリントンは同性結婚に反対しましたが、市民連合を支持し、同性愛者のカップルや個人に法的保護を提供します— 2013年まで。同性結婚に関する世論の変化に伴い、多くの民主党員— 2012年のオバマ大統領と2013年のクリントン—同性結婚を支持して出てきた。[7]

トランプは、共和党がそうではないにしても、かなり一貫して同性愛者の権利を支持してきたが、トランプは同性の合法化の判決を覆す最高裁判所の裁判官を指名することを検討すると述べた。 トランプを支持する数少ないシリコンバレーのエリートの中には、ゲイのピーター・ティエルがいます。 トランプはまた、女性の権利および同性愛者の権利とのイデオロギー的適合性をテストするために、米国への移民となる人の「価値テスト」を提案しました。 [8]

政府の倫理

2016年10月17日、トランプのキャンペーンは、ロビイストの影響を抑えるための政府の倫理改革に関するトランプの提案の概要を記したプレスリリースを発表しました。 彼の提案は次のとおりです。

  1. 政府公務員を辞任してから5年間、政府にロビー活動を行うすべての行政府職員の禁止
  2. 元議会議員とその職員によるロビー活動の5年間の禁止
  3. ロビイストの定義を拡大して、コンサルタントとアドバイザーを含める
  4. 外国政府に代わってロビー活動を行う上級管理職職員に対する終身禁止
  5. 登録された外国のロビイストがアメリカの選挙で資金を調達するのを防ぐための選挙資金改革。

トランプによるこの動きは、クリントンが外国のドナーからお金を受け入れるクリントン財団に対する批判を受けているため、クリントンに対する直接攻撃と見なされています。 申し立ては、これは、ドナーが政治的な好意を受けた「有料プレイ」スキームであったということです。 これが実際に起こっているという証拠はありません。クリントンが国務長官になる前に、彼女は財団とオバマ政権での仕事の間の利益相反を避けることを約束する倫理協定に署名したことに注意すべきです。

外交政策の違い

どちらの大統領候補も、アメリカは他のどの国よりも優れているというアメリカの例外主義を信じています。 しかし、クリントンの立場はアメリカの外交政策の正統性を反映しているが、トランプは共和党の国家安全保障コミュニティを含む世界中でケージをガタガタさせたいくつかの論争の的となる提案を行った。

オバマ大統領の州務長官として、またビル・クリントン大統領時代のファーストレディとして、ヒラリー・クリントンは外交政策の問題を知っています。 これらの問題に関する彼女の政治的見解のいくつかは次のとおりです。

  • クリントンは、オバマ政権によって交渉されたイランの核取引を支持しています。
  • 彼女は2003年にイラク侵攻に投票しました
  • クリントンはこれまで拷問を擁護してきましたが、現在の立場では拷問を支持していません。
  • 彼女はイスラエルを同盟国として支持しているが、イランとの合意とイスラエルの反対に対する支持を考えると、それは複雑な問題である。 また、クリントンが最初の任期中にオバマの国務長官であったことを考えると、オバマとイスラエルの首相ベンジャミン・ネタニヤフの間の気まぐれの欠如によって複雑になりました。
  • ISISでは、クリントンは「現在の戦略を強化する」ことを望んでいます。 彼女は、「空中で、地上で、そしてインターネットで彼らと」ISISと戦うことを提案したが、一方的ではない。 現在、イラクとシリアでの米国の戦略は、地域の諸国をより積極的に参加させることであり、特に軍事資源を地上に持ち、米国が航空支援と戦術/訓練資源を提供することです。 そして、もちろん、お金と武器。

外交政策に関するトランプの考え方の中心的な教義の一つは、アメリカの同盟国、日本、サウジアラビア、韓国、ドイツ、および他のNATO加盟国を獲得することです。彼らの地域におけるアメリカ軍の存在。 これらの見解は厳しく批判されてきました。 トランプの主要な外交政策の提案は次のとおりです。

  • NATOメンバーと交渉して、同盟により財政的および軍事的に貢献する。 トランプは、アメリカが組織の費用の「不均衡な」シェアを支払うので、NATOはアメリカにとって高価であると言った。 Trump has also said that NATO is obsolete because it was designed to counter the threat from the Soviet Union but "doesn't have the right countries in it for terrorism." [9]

    In a July 20 interview, Trump reiterated that in his view the United States should not guarantee automatic assistance to a NATO member in case it is attacked by another nation (usually referring to Russia as the aggressor). This guarantee, according to Trump, should only be for NATO members who “have fulfilled their obligations to us.”[10]

  • Negotiate with allies (eg, Japan) to pay the United States to maintain a military presence in their region because US presence provides security to these countries.
  • On ISIS (aka Daesh or ISIL): Trump has said he would bomb "the s*** out of ISIS". More controversial has been his statement that civilians who are related to members of ISIS should be killed. Trump has said: "The other thing with the terrorists is you have to take out their families."[11]
  • On Assad (president of Syria): The US and its allies have supported Syrian rebels who are fighting president Assad. However, Trump has said that while “Assad is a bad man. He has done horrible things.”, ousting Assad is a lower priority for Trump than fighting the Islamic State, which he believes poses a far greater threat to the United States.
  • Renegotiate the deal with Iran. Trump's longer statement on the Iran deal is available on his website. It must be noted that Trump's statements on Iran contain several factual errors. Other analysts have also criticized Trump's views on Iran as misinformed and stemming from ignorance.
  • On Iraq: Trump claims he opposed Iraq war before the invasion. However, this claim is false because he is on record for hesitatingly supporting it in September 2002 in an interview with Howard Stern. However, Trump did express early concerns about the cost and direction of the war a few months after it started. He has been an unequivocal critic of the war since at least 2004. Trump cites this 2004 article indicating his opposition to the war, and Esquire created this counter-narrative to establish the timeline for his support/opposition.
  • Declare China a currency manipulator and impose import tariffs on goods made in China.
  • On Japan, Trump has flip-flopped; in a Fox News interview in April Trump said Japan would be better off defending itself from North Korea with nuclear weapons. In June, after being criticized by Clinton in a foreign policy speech, Trump denied that he had said he wanted Japan to have nuclear weapons.
  • On torture, Trump has advocated loosening restrictions and allowing US agencies to use torture with techniques like waterboarding and beyond.

Trump has also criticized Clinton's foreign policy record during her stint as Secretary of State in 2009-13, including for the handling of events in Benghazi and her use of a personal email server for official state department communications.

Clinton herself has touted her role in brokering a cease-fire between Hamas and Israel in the Gaza strip to end a sustained campaign of violence in 2012. She has also spoken about how as Secretary of State she rallied US allies around the world to impose sanctions on Iran over its nuclear program in order to put pressure on the Iranian government to agree to a nuclear inspection deal.

七面鳥

Turkey is a US ally in the fight against ISIS but the relationship is complicated because of America's support of Kurds. Kurds are currently one of the strongest allies the US has in fighting the Islamic state but Turks are wary of Kurds seceding from Turkey and creating a separate Kurdish nation.

There was an attempted coup in Turkey in mid-July 2016. In the aftermath of the coup, Turkish president Recep Tayyip Erdogan imposed a state of emergency in the country and was reported to be exploiting the coup attempt to purge his political enemies. US Secretary of State John Kerry issued several statements urging Erdogan to respect the rule of law. Hillary Clinton's positions are the same as those of Kerry and the Obama administration. However, Trump has praised Erdogan for his handling of the coup and not letting it succeed. Trump has also said that the US lacked the moral authority to exhort Erdogan and other nations to follow the law, given the civil unrest in America related to the killing of police officers.[12]

Energy and Environmental Policy

Keystone XL Pipeline

After months of declining to take a position on the Keystone XL pipeline, Clinton announced she was opposed to pipeline, a move many say was a reaction to the challenge from the left-wing candidacy of Bernie Sanders. Clinton has said:

I don't think we need to have a pipeline bringing very dirty oil, exploiting the tar sands in western Canada, across our border.

Trump has said he would approve the Keystone XL pipeline if the deal would be renegotiated and the US federal government was given 25% of the profits from the pipeline.

Global Warming aka Climate Change

Trump has said that global warming is a hoax.

The concept of global warming was created by and for the Chinese in order to make US manufacturing non-competitive.

— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) November 6, 2012

However, when Clinton mentioned this statement during their first debate, Trump denied it. His campaign manager later clarified that Trump does not believe that global warming is a man-made phenomenon. Trump is also a supporter of fracking; he believes that fracking will lead to American energy independence and that falling natural gas prices will be a strategic advantage for the nation.

Clinton has said that climate change is real, a view that a vast majority of scientists hold. Clinton has vowed to make large investments in clean energy, with a goal of having 500 million solar panels in the nation by 2020. She has also expressed doubts about whether drilling in the Arctic should be allowed.[13] On fracking, Clinton has called for stringent regulations but has not rejected fracking outright.[14]

Clinton vs Trump Debates

First Clinton - Trump Debate

The first presidential debate between Donald Trump and Hillary Clinton was held at Hofstra University on September 26. It was a fiery debate with both candidates attacking each other. Many political analysts[15][16][17] opined that Clinton won the debate; she seemed better prepared with more detailed policy answers. But several of the exchanges that went in her favor were set up by the moderator. The neutral BBC reported:

...the opening for Mrs Clinton's advantage was set by the moderator. He first brought up Mr Trump's taxes. He asked about the Obama "birther" controversy. He pushed Mr Trump on the Iraq War and brought up his comment about her "look", which led to the extended discussion of presidential temperament and judgement. Mrs Clinton's weaknesses - particularly her use of a private email server and potential conflicts of interest in her charitable foundation - were barely discussed.

If the winner of political conflict is dictated by the ground on which it is fought, then most of the debate was contested on terrain that was favourable to the Democrat. Some of that was her own effective strategy and preparation; the lawyer's advantage. Some of it was Mr Trump's missteps and meandering; the salesman's failure to move his product. A lot of it, however, was Holt's doing. That will have Democrats smiling and Trump supporters howling.

Highlights from the Debate

The full debate video is available here. The BBC prepared this highlight reel from some memorable debate moments:

Trump criticized Clinton on trade deals like NAFTA and TPP, deleting her emails, letting ISIS grow during her tenure as Secretary of State. He said she has the experience but the wrong kind of experience. He also said he thinks she doesn't have the stamina to be president. Clinton had a rejoinder about traveling to 112 countries and giving an 11 hour testimony to Congress.

Clinton hit Trump hard on not releasing his tax returns, alleging that he is trying to hide something. She also criticized him for questioning Obama's citizenship and not paying federal income taxes, which he claimed was a smart thing to do. Finally, Clinton criticized Trump for his remarks about certain women ("this is a man who has called women pigs, slobs and dogs").

Second Debate

The second debate was be held on October 9. Trump's campaign had suffered a setback a few days before the debate when the Washington Post reported that Trump had bragged about groping and sexually assaulting women in 2005.

So that was the first question of the debate and Trump responded by saying he had apologized to his wife and the American people. He also denied having actually done these things, implying that he had lied when bragging about it. Trump also brought up Bill Clinton's history of misconduct.

Other highlights from the second debate include:

  • Trump said that if he became president, he would appoint a special prosecutor to investigate Clinton over the email scandal. He also said "you [Clinton] would be in jail" if he was in charge.
  • Criticizing Clinton for her "basket of deplorables" comment, Trump said she has "tremendous hate in her heart". Clinton apologized for the comment, and said: "My argument is not with his supporters, it's with him, about the hateful and divisive campaign he has run."
  • Trump disagreed with his VP nominee Mike Pence about bombing Syrian military bases. He said that he and Pence "had not spoken" about this issue. Pence's position was similar to Clinton's but Trump said his position is to attack ISIS, preferably in cooperation with Russia. He did not elaborate even when moderator Martha Raddatz pressed him to explain his military strategy.
  • Clinton accused Russia of trying to interfere in the election by hacking the DNC and her campaign. She demanded once again that Trump release his tax returns so that his ties with Russia would become known.
  • Trump admitted that he had not paid federal income tax for many years because he understood the tax code well. He also attacked Clinton for not changing the tax laws when she was in government, which allowed people like him to take advantage of such loopholes.
  • Trump said he would get rid of the carried interest loophole and cut taxes. Clinton said Trump's tax cuts would benefit the wealthiest the most. She promised not to raise taxes on couples earning $250, 000 a year or less.
  • Trump complained during the debate that the moderators were being unfair by letting Clinton continue to talk even when her time was up, while interrupting him as soon as his allotted time was up.

Third Debate

The third and final debate between the two candidates was held on October 19th.

The debate began with a question about nominating Supreme Court justices. Clinton talked about the kinds of issues that were important to her, including upholding LGBTQ rights and Roe v. Wade . Trump talked about nominating conservative judges who would be pro-life and uphold the second amendment.

On abortion, the two candidates followed the party line. Clinton is firmly pro-choice. She defended voting against a ban on late-term abortions saying the proposed bill did not have a provision that would protect the life and health of the mother. Trump said late-term abortions should be illegal.

On gun rights Trump touted his NRA endorsement and said that Chicago had the toughest gun laws and yet a lot of gun-related crime. Clinton said she supports the second amendment and people's right to bear arms but that it's possible to protect those rights granted by the second amendment and still institute some regulations like background checks for all gun sales, including online and gun shows.

On the economy, Trump proposed tax cuts and "better" trade deals to stem the outflow of jobs to lower wage countries. He contended his plan would jumpstart growth in the economy, create millions of jobs and grow the pie. Clinton said she wanted to raise taxes on households earning more than $250, 000, raise the minimum wage and make college tuition-free. Their talking points on the economy were not new or different from this comparison of the economic policies of Trump and Clinton.

The biggest story coming out of the third debate was Trump's refusal to say that he would accept the result of the election if he loses. Trump has claimed repeatedly that the election is "rigged", citing media bias, the government refusing to prosecute Clinton over her email scandal, and newly released videos alleging voter fraud and the Clinton campaign paying people to incite violence at Trump rallies.

Another memorable moment was when Clinton was asked a question about her comment in a paid speech where she said she prefers "open borders". In her response she brought up the fact that the speech was obtained through illegal hacking and alleged Russian president Putin was trying to interfere in the election by helping Trump. Trump astutely noted how Clinton changed the topic from her favoring open borders to Russia and Putin. However, he failed to capitalize and did end up taking the bait and talking about Putin.

Highlights from the debate are in the following video:

Trump vs Clinton in Opinion Polls

Hillary Clinton originally had a lead in nationwide opinion polls but Donald Trump has managed to close the gap, especially after sealing the Republican nomination. A list of head-to-head match-ups for Clinton and Trump in opinion polls can be found on Wikipedia.

The BBC' s poll tracker plots the median value of each candidate's support in the five most recent national polls.

RealClearPolitics also compiles an average of national polls, which mirrors the Wikipedia compilation above and shows Clinton leading Trump by a thin and fluctuating margin until mid-July 2016.

Another tracker of national sentiment is compiled by FiveThirtyEight.com . Their model shows a more consistent and slightly wider lead for Clinton. It is also different from the other models because it shows a 3-way race and includes libertarian candidate Gary Johnson.

Controversies and Criticism

No discussion of the 2016 presidential race would be complete without a mention of the many controversies that have plagued the candidates.

Criticism of Hillary Clinton

The two biggest areas of vulnerability for Clinton are from her time as Secretary of State: the attack on the US mission in Benghazi and her use of a personal email server rather than the state department's official email.

Benghazi

Clinton has been criticized for her role in the events surrounding the attack on an American diplomatic facility in Benghazi, Libya on Sep 11, 2012. The US ambassador and 3 other Americans were killed in that attack. The State department and the White House initially blamed the attack on mob fury resulting from a reaction to the YouTube video Innocence of Muslims . It was later uncovered that the attack was a pre-planned terrorist strike. Not only is Clinton blamed for this incorrect initial assessment, she also received flak for the fact that the State department under her leadership denied requests from US security officer Eric Nordstrom for additional security for the mission in Benghazi.[18]

E-mail server

When she was Secretary of State, Clinton used a private email account, with messages stored on her private email server, to send and receive official state department communications. These included several thousand messages that were later (retroactively) marked classified, and some that were already classified at the time.

The investigation by the FBI concluded that Clinton was "extremely careless" in handling her email system but recommended that no charges be filed against her. In a move widely criticized by Republicans, Attorney General Loretta Lynch announced that the Department of Justice would file no charges and not prosecute Clinton even though she broke the law.

11 days before the election FBI director James Comey, who had earlier recommended that Clinton not be indicted, informed Congress that new emails that were pertinent to the Clinton email investigation were discovered in a separate investigation. Republicans lauded Comey and the FBI for "re-opening" the case but technically the case had never been closed. Comey was heavily criticized by many — including President Obama — because it was felt that the timing of his revelations could interfere in the election.

Connections to Wall Street

Clinton has earned millions of dollars in speaking fees over the years, including $225, 000 for an appearance at Goldman Sachs "Builders and Innovators" conference where she spoke with Goldman CEO Lloyd Blankfein. The Clinton campaign has been accused of trying to cover up her ties with Wall Street.

Connections to Oil Companies

Allegations of impropriety have also been leveled against Clinton because the Clinton Foundation benefited from millions of dollars in donations from oil companies, who were lobbying the state department for the approval of an oil pipeline from Canada.

War mongering and the Rise of ISIS

Wikileaks founder Julian Assange, whose biases are covered here, has alleged in a TV interview that Hillary Clinton is a war monger citing the example of Libya:

the emails we [Wikileaks] revealed about her involvement in Libya, and statements from Pentagon generals, show that Hillary was over-riding the Pentagon's reluctance to overthrow Muammar Gaddafi in Libya. Because they [Pentagon] predicted that the post-war outcome would be something like what it is, which is ISIS taking over the country.

Public vs. Private Positions

In October 2016, Wikileaks leaked emails from Clinton campaign chief John Podesta's account, some of which contained Clinton's private speeches to Wall Street firms. Clinton has refused to released these paid speeches that she has delivered over the years. In one such speech, Clinton said that politicians need to have a public position and a private position to get legislation passed because politicians get nervous if negotiations happen when "everybody's watching" instead of "back room discussions and the deals". The larger context of her comments is available here.

Criticism of Donald Trump

Donald Trump is no stranger to controversy or criticism either.

Bragging about Assaulting Women

In a leaked tape from 2005, Donald Trump bragged to Access Hollywood host Billy Bush that he had groped and kissed women without consent. Here is what Trump said:

“I'm automatically attracted to beautiful — I just start kissing them. It's like a magnet. Just kiss. I don't even wait. And when you're a star, they let you do it. You can do anything. Grab them by the p---y. You can do anything.”

In the second presidential debate, when moderator Anderson Cooper pressed him on the issue of whether Trump had actually done these things, Trump stalled before denying that he had. If Trump indeed do anything like this, that would be sexual assault, which is a crime.

Following the release of this tape, Trump lost the support of a number of prominent Republicans, including John McCain and Paul Ryan.

Allegations of Sexual Assault

The New York Times reported that two women have said that Donald Trump touched them inappropriately. A series of allegations have surfaced from several other women.

  • Jessica Leeds allegedly that over 30 years ago Trump was seated next to her on an airplane when he lifted the armrest and began to touch her. According to Ms. Leeds, Mr. Trump grabbed her breasts and tried to put his hand up her skirt.
  • Rachel Crooks has said that in 2005 she met Trump outside an elevator in the building where they both worked. According to Ms. Crooks, she introduced herself to Donald Trump and shook hands but he wouldn't let go of her hands; instead, he began kissing her cheeks and then kissed her directly on the mouth.
  • Mindy McGillivray has alleged Trump groped her at his Mar-a-Lago estate in 2003.
  • Miss Washington 2013, Cassandra Searles, has alleged Trump had "continually grabbed my ass and invited me to his hotel room".
  • Temple Taggart, a former Miss Utah, has said Trump kissed her on the lips when he introduced himself to her at the 1997 Miss USA pageant where she was a contestant. She said he kissed her again at a later meeting at Trump Tower.

Donald Trump has denied all allegations.

Racism allegations

Trump has been labeled racist for his remarks about Mexican immigrants and for proposing a ban on allowing non-citizen Muslims to enter the country.

Khizr and Ghazala Khan

Khizr Khan, a Muslim immigrant and father of an American soldier killed in Iraq, spoke at the Democratic national convention and criticized Trump for his anti-Muslim proposals. He also accused Trump of not having made any personal sacrifices. Republican leaders wanted Trump to ignore Khan and not respond to the criticism. However, when George Stephanopoulos asked Trump to respond to the charge during a TV interview, Trump made a remark about Khizr Khan's wife Ghazala who was on stage during Khan's speech but did not speak: "If you look at his wife, she was standing there. She had nothing to say. [Maybe] she wasn't allowed to have anything to say. You tell me."

Trump's remark received widespread condemnation not just from Democrats but also from prominent Republicans like Paul Ryan and John McCain, both of whom have had a tenuous relationship with the GOP nominee.

Trump University

Trump University was a business founded by Donald Trump and some of his associates. While it was not an accredited college or university, the company offered training courses in real estate, asset management, entrepreneurship, and wealth creation. While it is no longer operational, Trump University and Donald Trump himself are embroiled in multiple lawsuits from past students who allege that the business was a scam that made false claims.

In addition to the allegations of impropriety in the running of this business, Trump has also courted controversy by claiming that the judge in one of the lawsuits is biased against Trump because he's Mexican-American. This remark by Trump has also been widely criticized both inside his party and outside.

Tax Returns

Donald Trump is the only presidential candidate from a major political party in the last 50 years to not release his tax returns. Critics have speculated myriad reasons for this, ranging from a lack of charitable contributions, to the fact that his income and wealth may be far lower than he claims, to allegations it might reveal links with Russian oligarchs.

In October 2016, The New York Times reported that Trump had claimed a loss of close to $1 billion in 1995 and speculated that this would allow him to carry forward his loss and avoid paying income tax for as long as 18 years. The Trump campaign has neither confirmed nor denied the accuracy of this reporting but did say that carrying forward business losses is not only legal but a smart thing to do.

Russia and Putin

In a remark about Clinton's email scandal, Trump said at a rally:

They [Russian hackers] probably have her 33, 000 emails that she lost and deleted. Russia, if you're listening, I hope you're able to find the 30, 000 emails that are missing. I think you will probably be rewarded mightily by our press. Let's see if that happens. That'll be next.

Trump has a long history of business deals with Russians. He has also praised Putin on several occasions. America has historically, and especially under president Obama, had an adversarial relationship with Putin. Russia under Putin has been an ally of Syrian president Bashar al-Assad. Russia has also helped Assad by launching air strikes against ISIS in the Middle East. While ISIS is a common enemy for both Russia and the US, other considerations have prevented a strong partnership between the two superpowers. Trump's remarks about Putin are a departure from traditional American foreign policy, and therefore a source of controversy and consternation among many foreign affairs officials.[19][20]

健康

A candidate's health is usually a non-issue but in this election Trump has cast aspersions on Clinton's health and "stamina". Clinton's physician released this report proclaiming her to be in good health overall, while noting a history of deep vein thrombosis. The letter notes that Clinton does not smoke nor take illicit drugs; she drinks alcohol occasionally.

On September 11, Clinton wobbled and almost fainted at the 9/11 memorial service in New York; it was reported that she has pneumonia, a lung infection that can be bacterial (in roughly two-thirds of cases) or viral. Clinton's doctor released a statement saying she was prescribed antibiotics and advised to rest but did not identify the type of pneumonia (viral or bacterial) she has. Antibiotics do not cure viral pneumonia but are often prescribed to prevent the spreading of the infection.

Trump's physician has also released a letter about his health but it has become controversial because it uses exaggerated language and he claims to have written it in only five minutes. The letter declares Trump to be in excellent health, noting he does not smoke or drink alcohol.

David L. Scheiner, an assistant professor at the University of Illinois Medical School and President Obama's personal physician for 22 years wrote in an op-ed article that neither candidate had released enough information about their health given their advanced age — at age 69 and 70 either contender will be the second-oldest president in US history.

Election Results

Clinton won the popular vote but Trump won the electoral vote. The full results of the 2016 presidential election are available here. Clinton won California, Colorado, Connecticut, Delaware, DC, Hawaii, Illinois, Maine, Maryland, Massachusetts, Minnesota, Nevada, New Jersey, New Mexico, New York, Oregon, Rhode Island, Vermont, Virginia and Washington.

Trump won in Alabama, Alaska, Arizona, Arkansas, Florida, Georgia, Idaho, Indiana, Iowa, Kansas, Kentucky, Louisiana, Mississippi, Missouri, Montana, Nebraska, North Carolina, North Dakota, Ohio, Oklahoma, Pennsylvania, South Carolina, South Dakota, Tennessee, Texas, Utah, West Virginia, Wisconsin and Wyoming.

関連記事