フロントロードとトップロードワッシャー

フロントロードワッシャートップロードワッシャーよりもエネルギー効率が高くなります 。 ただし、初期購入価格は非常に高く、トップロードワッシャーよりも平均寿命が短くなっています。 また、フロントロードワッシャーは、使用する水が少ないため、トップロードワッシャーよりも長い洗浄サイクルを持っています。

トップロードワッシャーは米国でより人気がありますが、フロントロードワッシャーは積み重ね可能でスペースを節約できるため、ヨーロッパでより人気があります。

比較表

フロントロードワッシャーとトップロードワッシャーの比較表
フロントロードワッシャー トップロードワッシャー
エネルギー効率もっと効率的効率が悪い
負荷の大きさ大きい小さい
スピン最大1000rpm650 rpm
衣生活摩耗が少ないより多くの消耗
費用もっと高いより安価な
ドアロックはい番号
洗剤通常、HEの低起泡性洗剤のみどれか
蒸気を加える一部のモデルでは番号
洗浄時間サイクル30分長くすることができますより短い
信頼性問題が少ないベルトの破損、ホースの漏れ、センサーの問題。
平均寿命11年14年

エネルギー効率

フロントロードワッシャーは、トップロードワッシャーが使用する水量の約1/3を使用します。 フロントロードマシンは、トップロードワッシャーの650 rpmと比較して、最大1000rpmでスピンすることもできます。 これは、洗濯物に残る水が少なくなり、乾燥時間が短くなることを意味します。

スペース

フロントロードワッシャーは積み重ねることができますが、トップロードワッシャーは積み重ねることができません。

洗浄サイクル

トップロードワッシャーは、フロントローダー(ロードのサイズに応じて45〜90分)よりもかなり短い洗浄サイクル(25分)を持っています。 これは、フロントロードワッシャーが使用する洗剤と水が少なく、より効果的に洗浄するために、通常、ロードの洗浄に多少時間がかかるためです。 フロントローダーにはコンピューター制御センサーも装備されており、正しく設定すれば各負荷のニーズに合わせて洗浄サイクルを簡単に調整できます。

フロントロードワッシャーのお手入れ

一部のフロントロードワッシャーは、適切に手入れを行わないと、カビや臭いの問題が発生する場合があります。 これを避けるために、洗浄サイクルのたびに洗濯機のドアと洗剤ディスペンサーをしばらく開けておくことが推奨されます。 ドラムを手動で回して、余分な水を取り除き、洗濯機から空気を抜く必要があります。 取扱説明書に従って定期的に洗濯機を掃除してください。

スピンドライ効果

フロントロードワッシャーははるかに高い最大回転速度を提供しますが(家庭用機械は1000-1400 RPMの範囲になる傾向がありますが、最大2000 RPM)、攪拌機付きのトップローダーは1140 RPMを超えません。 攪拌機の代わりに洗浄プレートを備えた高効率トップローダーは、重心が低いため、最大1100 RPMで回転できます。

回転速度を上げると残留水分が大幅に除去され、衣類の乾燥が速くなります。 また、衣類乾燥機で衣類を乾燥させると、時間とエネルギーが削減されます。

衣生活

トップロード洗濯機のアジテーターは、衣服に摩耗や裂け目を追加する可能性があります。 フロントロードワッシャーにはこの問題はありません。 一部のデリケートなアイテムは、手洗いの設定時にフロントロードウォッシャーで洗浄できます。

費用

特定のブランドでは、フロントロードワッシャーはトップロードワッシャーよりも数百ドル高価です。

米国のトップブランドには、LG、Samsung、Maytag、Kenmore、GEがあります。

信頼性

フロントロードマシンは、カビ臭がすることがあります。 彼らはまた、床に対して振動することができます。 平均寿命は11年です。

トップロードマシンは、ベルト、ホース、センサーに問題がある可能性があります。 彼らの平均寿命は14年です。

人気

トップロードワッシャーは、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ラテンアメリカでより人気があります。 フロントロードワッシャーは、ヨーロッパ、中東、アジア、アフリカ、およびその他の多くの国でより人気があります。

これらのワッシャーの市場シェアは大体次のとおりです。

市場フロントロードワッシャートップロードワッシャー
米国市場シェア35%65%
欧州市場シェア90%10%

関連記事