グリーンベレー帽とネイビーシール

海軍シールおよび陸軍特殊部隊グリーンベレー )は、エリートの米軍部隊です。 彼らが実行するミッションの種類にはいくつかの重複がありますが、2つの間に重要な違いがあります。

グリーンベレーは米軍の特殊部隊であり、シールは海軍の部隊です。 「SEAL」は、SEa、空中、陸上での活動能力に由来しますが、SEALを世界の他のほとんどの軍事ユニットから分離するのは水中での能力です。

比較表

グリーンベレー帽とネイビーシールの比較表
グリーンベレー帽 海軍シール
はじめに(ウィキペディアから)アメリカ陸軍特殊部隊は、独特の軍服の帽子のためにグリーンベレーとも呼ばれ、6つの主要な任務を任務とする特殊作戦部隊です。一般的に海軍シールとして知られている米国海軍SEa、空と陸(SEAL)チームは、米国海軍の主要な特殊作戦部隊と海軍特殊戦司令部(NSWC)の一部です。
ブランチアメリカ陸軍アメリカ海軍
タイプ陸軍特殊作戦部隊海軍特殊作戦部隊、海、空、陸
サイズ〜5, 500現役、〜1, 100州兵〜2, 400
役割主なタスク:型破りの戦闘、特別偵察、直接行動、テロ対策、外国の内部防衛、人質救助主なタスク:海上特別作戦、特別偵察、直接行動、テロ対策。 その他の役割:麻薬対策、人事復旧。
一部の米国陸軍、米国特殊作戦司令部(USSOCOM)、米国陸軍特殊作戦司令部(USASOC)米国海軍、米国海軍特殊戦司令部(NAVSOC)、米国特殊作戦司令部(USSOCOM)
ニックネームグリーンベレー帽、静かな専門家、兵士の外交官、スネークイーターFrogmen、The Teams、Greenfaces
モットーDe oppresso liber、(米軍の翻訳:「抑圧された者を解放する」)「簡単な日は昨日だった」、「勝者になれば報われる」
駐rison地/ HQフォート ブラッグ、ノースカロライナ州。 エグリン空軍基地、フロリダ州; タコマ、ワシントン州; フォート カーソン、コロラド州。 ケンタッキー州フォートキャンベル。 沖縄、日本; シュトゥットガルト、ドイツカリフォルニア州コロナド、バージニア州リトルクリーク
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
女性の許可番号はい
婚約第二次世界大戦、ベトナム戦争、レバノンの多国籍軍、緊急フューリー作戦、アキレラウロハイジャック、ジャストコーズ作戦、デザートストーム作戦、リストアホープ、モガディシュの戦い、ユナイテッドシールド作戦、永続的な自由作戦第二次世界大戦、ベトナム戦争、レバノンの多国籍軍、緊急フューリー作戦、アキレラウロハイジャック、ジャストコーズ作戦、デザートストーム作戦、リストアホープ、モガディシュの戦い、ユナイテッドシールド作戦、永続的な自由作戦
記章サーベルと3本の稲妻が付いた矢じりイーグル、アンカー、トライデント&コックドフリントロックピストル
トレーニングと選択特殊部隊の資格コースフェーズI(特殊部隊の評価と選択)。 フェーズII(グループトレーニング、専門および言語の割り当て)。 フェーズIII(小規模ユニット戦術&SERE)。 フェーズIV(専門トレーニング、ロビンセージ、卒業)。からなる1.5年:BUD / S教化。 フェーズI(基本調整)。 フェーズII(スキューバフェーズ)。 フェーズIII(陸戦)。 陸軍空borne学校。 シール資格トレーニング。 シール部隊訓練。
戦闘ダイビング堅牢な戦闘ダイビング機能を維持します。 特殊部隊会社ごとに1つの作戦分離アルファ(ODA)は、開回路および閉回路の海面下潜水作戦を実施するための訓練および装備を備えています。主にコンバットスイマー/ダイバーとして訓練されている

職務

ジョン・F・ケネディ大統領の墓での花輪を捧げる式典中、グリーンベレー帽は無言の監視をします。

アメリカ陸軍特殊部隊(SF)は、その独特のサービスヘッドギアのためにグリーンベレーとも呼ばれ、6つの主要な任務を任務とする特殊作戦部隊です。そしてテロ対策。 最初の2つは、外国軍と協力する際の言語、文化、および訓練スキルを強調しています。 彼らの公式のモットーはDe oppresso liber(抑圧された者を解放する)であり、彼らの主要な任務の1つに言及し、外国先住民部隊の訓練と助言を行っています。

海軍シールとグリーンベレーの両方は、特別な偵察、テロリズム、型破りな戦​​闘、戦闘捜索救助(CSAR)を行うための訓練を受けています。 連立支援、人道支援、平和維持、対抗作戦などの機能は、通常、グリーンベレーによって処理されます。

選考プロセス

両方のプログラムの選択プロセスは非常に厳密です。 プロセスを開始する人はほとんどいないため、トレーニングを完了して、実際に海軍シールまたはグリーンベレーになれます。 グリーンベレーは通常、高度な教育を受けています。 ほとんどが大学院の学位を持っています。 Navy SEALの訓練中に、受験者は次のことを経験します。

  • 教化:精神的および肉体的に先の訓練のためにそれらを準備します。
  • 基本的なコンディショニング:身体のコンディショニングと身体的耐久性の限界のテストを目的としています。
  • スキューバトレーニング:サボタージュ、水中解体、浸透などの2か月半の水ベースのトレーニング
  • 陸戦訓練:武器戦闘、白兵戦およびその他の陸戦での地上訓練の約3か月。

歴史と注目すべきミッション

米国陸軍特殊部隊は1952年に結成され、当初は当時の陸軍准将ロバートA.マクルーアが率いる米国陸軍心理戦部隊の傘下にあった。 1952年の設立以来、特殊部隊の兵士はベトナム、エルサルバドル、パナマ、ハイチ、ソマリア、ボスニア、コソボ、アフガニスタン、イラク、フィリピンで、そしてFIDの役割で、アフリカの角-永続的な自由の作戦で活動してきました。

最近の記憶に残る注目すべき海軍シール作戦には、2011年5月のオサマビンラディンの死亡と2009年4月の貨物船マースクアラバマの救助が含まれます。

動作モード

特殊部隊グループは、歴史的に統一戦闘部隊または作戦部隊に割り当てられています。 特殊部隊作戦分離部隊CまたはC部隊(SFODC)は、最大18のSFODA、3つのSFODB、または2つの混合の指揮と制御を提供できる劇場または主要なサブコンポーネントを担当します。 それに従属するのは、6つのSFODAにコマンドとコントロールを提供できる特殊部隊作戦分離BまたはB分離(SFODB)です。 さらに下位であるSFODAは、通常、UWミッションで中隊から大隊サイズのユニットを調達します。 彼らは、監視と偵察(SR)によく使用される6人の「スプリットA」デタッチメントを形成できます。

記章

第1特殊部隊連隊記章。

グリーンベレー記章には、黒いリボンで囲まれた、銀色の短剣と交差する2つの銀製の矢印があります。 それは( 抑圧されたを解放するために)モットー・デ・オププレッソ・リバーを負っています。 紋章は、第1特殊部隊(1942年に組織された第二次世界大戦のアメリカとカナダの合同コマンド部隊)の十字矢印の記章です。

海軍印章(「バドワイザー」)

海軍シールの記章は正式には特別戦記章と呼ばれ、「シールトライデント」または「バドワイザー」としても知られています。 1960年代に作成されました。 海軍の基本的な水中解体/シール(BUD / S)トレーニングを完了し、SEAL資格トレーニングを完了し、米国海軍シールとして指定されたサービスメンバーを認識します。 特別戦記章は当初、2つのグレードで発行され、役員用の金バッジと入隊用の銀バッジでした。 1970年代には、シルバーシールバッジが廃止され、その後、1グレードで特殊戦バッジが発行されました。

関連記事