グロス対ネット

総計は何かの全体を指し、 ネットは何らかの控除に続く全体の一部を指します。 たとえば、ビジネスの純利益は、 総収入からすべての費用、諸経費、税金、および利子の支払いを差し引いた後に得られる収入です。 同様に、 総重量とは商品そのパッケージの総重量を指し、 正味重量とは商品の重量のみを指します。

比較表

グロス対ネット比較チャート
キモい ネット
意味グロスという用語は、何らかの活動の結果として行われた合計金額を指します。 総利益や総売上などを参照できます。ネット(またはネット)は、すべての控除が行われた後に残った金額を指します。 正味額に達すると、それ以上減算されません。 正味額を低くすることはできません。
課税1961年の所得税法により、現在、給与所得者は総所得に対して所得税を支払っています。企業および自営業者は、1961年の所得税法に従って、純利益に対して税金を支払います。
総利益と純利益売上総利益(粗利益、売上利益、またはクレジット販売)は、収入と、製品の製造またはサービスの提供コストとの差であり、間接費、給与、課税、および利子の支払いを差し引きます。純利益(トップライン、純利益、純利益とも呼ばれる)は、すべてのコストを考慮した後のベンチャーの収益性の尺度です。 これは実際の利益であり、粗利益から除外された営業費用が含まれています。
総利益対純利益売上総利益率=売上に対する総収入の割合純利益率=純利益の収入に対する割合
総重量と正味重量重量の文脈では、グロスは製品とパッケージの重量を指します。重量の文脈では、正味は実際の製品の重量を指します(パッケージなし)。
総利益と純利益総収入は、売上から売上原価を差し引いて計算されます。純利益は、総収入から販売管理費(販売費、一般管理費)、支払利息、税金などの費用を差し引いて計算されます。

経済学における総対純

経済学では、「総」は控除前を意味します。例えば、国内総生産(GDP)は、特定の期間(通常は暦年)に国内で生産されるすべての最終商品およびサービスの合計市場価値を指します。 純国内生産(NDP)とは、国内総生産(GDP)から国の資本(経済)商品の減価償却を差し引いたものを指します。 (したがって、NDPは、事実上、国が現在のGDPを維持するために費やす必要がある金額の推定値です。)

会計における総対純

(純)収入と収入を参照

総利益と純利益

会計では、売上総利益、売上総利益、または売上総利益はすべて、間接費、人件費、税金、および利息の支払い差し引く前の 、収入とサービスの提供または製品の製造の費用との差を指します。 一方、純利益は、総利益から間接費と利息の支払いを差し引いたもので、一定期間の一時的な項目を加えたものです。

英国では、VAT(売上税である「付加価値税」)は「総額」にのみ含まれます。 「正味」金額は税抜きで計算されます。

粗利益対純利益

売上総利益は、売上に対する売上総利益の比率です。 純利益とは、純利益と収益の比率です。

個人の給与の総額と純額

従業員がすべての給料を受け取る現金は正味給与であり、総給与別名総収入よりも少ないです。 雇用主は、各給与からの連邦(場合によっては州および地方)所得税を源泉徴収する必要があります。 税金として源泉徴収される金額は、源泉徴収率に依存します。 これは、従業員の納税申告状況、税区分、および従業員がW-4フォームで選択した手当の数に依存します。

独立した請負業者は、従業員とは異なり、全額支払われる傾向があります。 納税を期限内に支払うのは、クライアントを雇うクライアントではなく、彼らの責任です。 企業は、納税申告書が正確に提出され、すべての収入が報告されたかどうかをIRSが確認できるように、独立した請負業者に支払われた支払いを報告する必要があります。

リース

総リースおよび純リースとは、賃借人が合意した賃料に加えて、テナントが支払う義務がある費用を指します。 通常、これらには公共料金と固定資産税が含まれます。 ほとんどの商業リースでは、テナントが資産の維持と維持費を支払う必要があります。 財産の保険; 電力、水道、下水道などの公共料金。 および固定資産税。 このタイプのリースはグロスリースと呼ばれます。

ネットリースとは、テナントが家賃を支払うだけでよいリースです。 しかし、より多くのコストを伴う他のタイプのネットリースがあります:

  • シングルネットリース:テナントが家賃と固定資産税を支払う
  • ダブルネットリース:テナントが家賃、固定資産税、保険を支払う
  • トリプルネットリース:テナントが家賃、固定資産税、保険、メンテナンスを支払う

関連記事