i3対i5

IntelのCore i3およびi5プロセッサは、同社の最新製品の1つです。 i3はローエンド(Core 2など)、 i5はミッドレベル、 i7はハイエンド(Xeonなど)です。

Core i3とCore i5は両方とも、統合されたDDR3メモリコントローラーとQuickPath InterconnectまたはPCI Expressを含むNehalemマイクロアーキテクチャに基づいています。 以前のすべてのコアプロセッサで使用されていたフロントサイドバスは、ダイレクトメディアインターフェイスに置き換えられました。 プロセッサには、コアあたり256 KBのL2キャッシュに加えて、最大12 MBの共有レベル3キャッシュがあります。

比較表

i3対i5の比較表
i3 i5
発売日2010年1月7日2009年9月8日
ポジショニングローエンド中レベル(メインストリームのi3とCore 2、およびハイエンドのXeonとi7の間)
価格133ドル176ドルから256ドル
ターボブーストCore i3プロセッサは「Turbo Boost」をサポートしていませんCore i5プロセッサは、CPUの動的オーバークロック(Turbo Boost)をサポートして、パフォーマンスを向上させます。
統合GPU(グラフィックプロセッサ)Core i3のすべてのモデルに統合されたGPUがありますCore i5-6xxプロセッサには統合GPUがあります。 他の人はしません。
CPUクロックレート2.933 GHz〜3.2 GHz。2.4 GHzから3.33 GHz; 最大 CPUクロックレート3.6 GHz、最大4.5 GHzでオーバークロック

アーキテクチャと仕様

最初のCore i3プロセッサは2010年1月7日に発売されました。それは、統合されたGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)と2つのコアを備えたClarkdaleベース(デスクトップ)でした。

Intel Core i5は2009年9月8日に発売されました。そのような最初のプロセッサは、クアッドコアLynnfield DesktopプロセッサであるCore i5 750でした。 その後、Arrandaleマイクロアーキテクチャに基づくデュアルコアモバイルプロセッサがリリースされ、続いてClarkdaleベースのCore i5-6xxプロセッサがリリースされました。 これらのi5-6xxプロセッサは、より安価なCore i3プロセッサと非常によく似ており、ターボブーストがi3にない主な機能です。

コード名

(マイクロアーキテクチャ)

プロセッサーL3キャッシュソケットTDPI / Oバス
クラークデールCore i3 -5xx4 MBLGA 115673 W ダイレクトメディアインターフェース、

統合GPU

アランデールコアi3 -3xxM3 MBµPGA-98935 W
リンフィールドCore i5 -7xx 8 MB LGA 115695 W ダイレクトメディアインターフェース
Core i5 -7xxS82 W
クラークデールCore i5 -6xx4 MB73〜87 W ダイレクトメディアインターフェース、

統合GPU

アランデールコアi5 -5xxM 3 MB µPGA-989 35 W
コアi5 -4xxM
Core i5 -5xxUM18 W

ターボブースト

ターボブーストは、PCに追加のパフォーマンスが必要な場合にプロセッサを自動的に高速化するテクノロジです。 これは、「動的オーバークロック」、つまりCPUクロック速度の増加によって行われます。 このテクノロジーはCore i5プロセッサーで使用可能であり、i3プロセッサーのいずれにも存在しません。

HDグラフィックスおよびハイパースレッドテクノロジー

ハイパースレッドテクノロジーは、プロセッサの各コアが2つのタスクを同時に処理できるようにする4方向のマルチタスク処理です。 HD(高密度)グラフィックスおよびハイパースレッドテクノロジーは、Core i5 750を除くi3およびi5プロセッサーの両方で使用できます。

違いを説明するビデオ

関連記事