ジャック・コンウェイvs.ランド・ポール

ランドポール (共和党)は、2010年のケンタッキー州の上院議員選挙でジャックコンウェイ (民主党)を破った。 当時、ジャック・コンウェイはケンタッキー州の現職検事総長であり、ランド・ポールは眼科医であり、ケンタッキー州納税者連合会の会長でした。

比較表

ジャック・コンウェイとランドポールの比較表
ジャック・コンウェイ ランドポール
現在位置ケンタッキー州司法長官ケンタッキー州納税者連合の会長兼創設者
ヘルスケアに関する見解新しい医療制度改革を支援します。中小企業の補償条項を思いとどまらせる連邦規制の廃止をサポートします。
母校ジョージワシントン大学、デューク大学ベイラー大学デューク大学医学部
職業政治家眼科医、政治活動家
配偶者エリザベス・ダベンポート・コンウェイケリー・アシュビー
レジデンスケンタッキー州ルイビルケンタッキー州ボウリンググリーン
政治団体民主的共和党員
ウェブサイト//jackconway.org///www.randpaul2010.com/
経済上の位置雇用を創出し、経済を開始するための故郷の税額控除。民間企業へのすべての連邦政府の救済に対して。
エネルギーの位置保全を支援し、効果的な気候変動管理のために法律を取り入れるべきだと考えています。新しい形のエネルギーを開発している企業の減税と規制の解除。
年齢4047
出生地ケンタッキー州ルイビルペンシルバニア
生年月日1969年7月5日1963年1月7日

ヘルスケアポリシー

ジャック・コンウェイは、医療制度改革により、アメリカ人が手頃な価格で質の高い医療を受けられるようになると考えています。 彼は、あなたが住んでいる場所やあなたが持っているお金に基づいて、ヘルスケア改革を規制すべきではないと感じています。

ランドポールは、すべての医療費を税控除対象とすべきだと考えています。 医師は、医療費を引き下げるために保険会社と交渉する自由を与えられるべきです。 連邦規制は、中小企業と健康保険の適用範囲に関する懸念を排除する必要があります。

エネルギー政策

ジャック・コンウェイは環境に配慮した採掘を支援し、石炭は重要な国内エネルギー資源であると考えています。 彼は、豊富な石炭、ガス、石油、農地、内陸水路を備えたケンタッキー州が、省エネを支援し、気候変動に対処する政策から間違いなく恩恵を受けると感じています。

ランドポールは、新しいエネルギー源の開発に関係する企業や企業に対する減税と政府規制の緩和が必要だと感じています。 彼は、これらの新しいアイデアがオープン市場で自由に与えられ、より効率的な形のエネルギーが競争によって生み出されると考えています。

経済政策

ジャック・コンウェイは、経済の安定性を確保するための唯一の道は、実際の雇用を創出することだと考えています。 エネルギー、輸送、ヘルスケアの分野は、ケンタッキー州の雇用創出の道になる可能性があります。 彼はケンタッキー州で雇用を創出するために、故郷の税額控除を求めています。

ランドポールは、責任を促進し、機会を創出する必要があると感じています。 ドルの価値を回復し、バランスの取れた予算で国家債務を返済しなければなりません。

初期の人生と政治的キャリア

コンウェイはバーバラとトム・コンウェイに生まれました。 コンウェイはデューク大学で学士号を取得し、1995年にジョージワシントン大学ロースクールで法学博士号を取得して卒業しました。彼は、ポールパットン知事の副キャビネット長官として働いていました。 2007年、コンウェイは共和党のスタン・リーに対する総選挙で勝利し、ケンタッキー州司法長官になった。

ランドポールは、ペンシルベニア州のキャロルとロンポールに生まれました。 ポールはテキサスのベイラー大学に通っていました。 そして、デューク大学医学部から博士号を授与されました。 彼は2007年に独自の眼科クリニックを設立しました。彼は角膜移植、緑内障手術、レーシックを専門としています。 ランドポールが上院に立候補するのは初めてです。

最近のニュース

コンウェイ対ポール世論調査(ウィキペディアより)

ランドポールは、実施されたほとんどの世論調査でジャックコンウェイに対してリードしてきましたが、コンウェイはポールの一貫した敵であるようです。[1]

投票ソース日付)

投与された

ランド

ポール(R)

ジャック

コンウェイ(D)

公共政策調査(レポート)2010年9月11〜12日49%42%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年9月7日54%39%
意見調査(レポート)2010年9月2〜7日46%46%
Survey USA(レポート)8月30日〜9月 1、201055%40%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年8月17日49%40%
ロイター/イプソス(レポート)2010年8月13〜15日45%40%
Survey USA(レポート)2010年7月27〜29日51%43%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年7月20日49%41%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年6月28日49%42%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年6月1日49%41%
Survey USA(レポート)2010年5月25〜27日51%45%
Research 2000(レポート)2010年5月24〜26日44%41%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年5月19日59%34%
Research 2000(レポート)2010年5月10〜12日42%39%
公共政策調査(レポート)2010年5月1〜2日41%40%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年4月28日47%38%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年3月30日50%36%
Research 2000(レポート)2010年3月15〜17日45%39%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年3月3日49%34%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年2月2日47%39%
ラスムッセンレポート(レポート)2010年1月6日46%38%
公共政策調査(レポート)2009年12月18〜21日42%36%
Survey USA(レポート)10月30日〜11月 2、200939%44%
ラスムッセンレポート(レポート)2009年9月30日38%42%
Research 2000(レポート)8月31日〜9月 2、200937%41%
Survey USA(レポート)2009年8月15〜17日38%43%

関連記事