Leopard(Mac OS X)対Snow Leopard(Mac OS X)

Snow Leopardは、Appleが開発したオペレーティングシステムMac OS Xバージョン10.6のコード名です。 その前身は、コード名がLeopardの Mac OS X v10.5でした。 AppleのCEO Steve Jobsは、2008年6月8日にWWDCでSnow Leopardを初めて発表しました。

Snow Leopardは2009年8月28日に出荷され[2]、米国では、既存のIntelベースのMacintoshコンピューターのアップグレードが29ドル(£25 /€29 / ¥ 3300)、またはファミリーパックが搭載された最大5台のコンピューターで利用可能になります49ドル(39ポンド/ 49ユーロ/ 5600円)。 2009年6月8日以降に購入した対象コンピューターの場合、アップグレードには10ドルの費用がかかります(購入証明付き)。

通常、オペレーティングシステムのリリースには非常に目に見える変更が多数含まれていますが、 LeopardからSnow Leopardへのアップグレードでは、ユーザーが目にするよりも多くの変更が内部で行われます。

比較表

Leopard(Mac OS X)とSnow Leopard(Mac OS X)の比較表
ヒョウ(Mac OS X) Snow Leopard(Mac OS X)
ウェブサイト//www.apple.com/support/leopard///www.apple.com/support/snowleopard/
ライセンスAPSLおよびApple EULAAPSLおよびApple EULA
はじめに(ウィキペディアから)Mac OS Xバージョン10.5「Leopard」は、Mac OS Xの6番目のメジャーリリースであり、Macintoshコンピューター用のAppleのデスクトップおよびサーバーオペレーティングシステムです。 Leopardは2007年10月26日にリリースされ、デスクトップバージョンとサーバーバージョンの2つのバリエーションで利用できました。Mac OS X 10.6(Snow Leopardとも呼ばれる)は、Mac OS Xの7番目のメジャーリリースです。
ソースモデルクローズドソース(オープンソースコンポーネントを使用)クローズドソース(オープンソースコンポーネントを使用)
カーネルタイプハイブリッドカーネル32ビットまたは64ビットのハイブリッドカーネル
更新方法Appleソフトウェアの更新Appleソフトウェアの更新
プラットフォームのサポートx86、x86-64、PowerPCx86、x86-64
発売日2007年10月26日2009年8月28日
現行版10.5.8(9L30)(2009年8月5日)10.6.8(2013年11月21日現在)
Microsoft Exchangeのネイティブサポート番号はい
WiFi信号強度番号はい
ソート可能な検索結果番号はい
ネイティブCisco VPNサポート番号はい
プレビューを使用したPDF注釈機能番号はい
Apertureとの互換性はいはい(新しいバージョンがリリースされました)

Snow LeopardとLeopardのシステム要件

  • Snow Leopard(Mac OS X v10.6)はIntelベースのコンピューターでのみ動作し、古いPowerPCチップでは動作しません。
  • LeopardからSnow Leopardにアップグレードすると、約7GBのハードディスク容量が解放されます。 これは、PowerPC固有のコードを削除するよりも、プリンタードライバー(Snow Leopardでオンデマンドでダウンロードされる)のような冗長コンポーネントを削除することに関係があります。

Snow Leopardの速度とパフォーマンス

AppleはSnow Leopardを使用してオペレーティングシステムのコンポーネントを高速化しました。 パフォーマンスの改善には以下が含まれます

  • 起動、シャットダウン、インストール、Time Machineバックアップ、接続の確立が高速化されました。
  • PDFおよびJPEGアイコンの更新が高速化されました。
  • 64ビットCocoaで書き直されたFinderのパフォーマンスの改善

Mac OS X 10.6(Snow Leopard)のユーザーインターフェイスの改良

AppleがSnow Leopardを導入したとき、既存のLeopardインターフェースの大きなオーバーホールはありませんでした。 UIのマイナーな改良点は次のとおりです。

  • Snow Leopardのスタックを使用すると、Finderを起動せずにサブフォルダーを表示できます。 スタックも変更され、多くのファイルを含むフォルダーのスクロールバーが含まれるようになりました。
  • Dockアイコンから出てくるコンテキストメニューには、より透明な木炭の背景と白のタイプのオプションが追加され、新しい外観になりました。
  • Exposéは、アイコンを左クリックしてドックに保持することにより、1つのプログラムのすべてのウィンドウを表示できます。
  • ページレイアウトを分析することによる、PDFドキュメント内の列化されたテキストの選択。
  • バイトの接頭辞は、ディスク容量を記述するときに厳密に10進数の意味で使用されるようになりました。指定された1 MBのファイルサイズは1, 000, 000バイトに対応します。
  • Windowsのごみ箱と同じように、ゴミ箱にプットバックコマンドが追加されました。
  • PDFドキュメントをページングしたり、ファイルのアイコンで映画を見ることができます。
  • Dockのフォルダアイコンをクリックすると、その内容のポップアップウィンドウをスクロールできます。
  • バギープラグイン(Flashなど)がSafari Webブラウザーをクラッシュさせなくなりました。 それらが現れるはずの空の長方形が得られます。
  • Snow Leopardには、Macのラップトップのトラックパッドを画面のタッチ可能なマップに変えるものなど、視覚障害のあるMacユーザー向けの印象的なツールがあります。 Macは、画面上の各要素に触れると読み上げます。
  • アルファベット順に並べ替えられたデスクトップ上のアイコンの名前を変更すると、アイコンが新しいアルファベット順に表示されるので、どこに行ったかを確認できます。

Snow Leopardの新機能とOS X Leopard

  • WiFi信号強度 :OS X Snow LeopardのAirMacは、利用可能なすべてのWiFiネットワークの信号強度を表示するため、可能な限り強力な接続を選択できます。
  • 並べ替え可能な検索結果 :Snow Leopardでは、Spotlight検索結果を名前、変更日、作成日、サイズ、ファイルの種類、またはラベルで並べ替えることができます。
  • プレビューの注釈プレビューの新しい注釈ツールを使用すると、ユーザーはコメント、リンク、強調表示、取り消し線付きテキスト、図形、テキスト、矢印などのPDFファイルに注釈を付けてマークアップできます。
  • Cisco VPNサポート :Snow Leopardには、Cisco VPN接続のサポートが組み込まれています。 これにより、ユーザーは追加のソフトウェアを必要とせずに企業ネットワークに安全に接続できます(ネットワークでCisco VPNを使用している場合)。
  • プリンタードライバーの自動更新プリンターに接続すると、Snow Leopardはインターネットからプリンターの最新のデバイスドライバーをダウンロードします。 また、新しいOS Xは、ソフトウェアアップデートを介してプリンタードライバーのアップデートを定期的にチェックします。
  • 近くのプリンター :Snow Leopardを印刷すると、近くで検出されたプリンターが表示され、ドキュメントを印刷するために利用可能な最適なデバイスを識別および構成できます。
  • Boot CampでのHFS +読み取り :Windowsを使用する場合(Boot Camp経由)、ユーザーは再起動せずに「Mac側」の(読み取り専用)ファイルにアクセスできるようになりました。

Microsoft Exchangeのサポート

Mac OS X Snow Leopardには、メール、アドレス帳、およびiCalを介したアクセスのためにMicrosoft Exchange 2007サーバーに接続するための、すぐに使用可能なサポートが含まれています。 Microsoft WindowsもMac OS Xの古いバージョンもこの機能を含んでいませんでした。

64ビットアドレス指定

Mac OS X Snow LeopardおよびほとんどのMac OS 10.6組み込みアプリケーションは、Appleが各Macを64として出荷し始めてから、64ビットアドレス空間(iTunes、Front Row、Grapher、およびDVD Playerアプリケーションを除く)を活用するために再構築されましたビットシステム。 Snow Leopardは、最大16テラバイトのRAMをサポートしています。

OS X v10.6のGrand Central Dispatch

Grand Central Dispatchは、複数のプロセッサコアを使用してパフォーマンスを効率化します。 マルチコアに最適化されたアプリケーションの作成には技術的な困難があるため、アプリケーションの大部分は複数のプロセッサコアを効果的に利用していません。 その結果、処理能力はしばしば使用されなくなります。 Grand Central Dispatchには、プログラマーが並列プログラミングでこれらのコアを効率的に使用できるようにするAPIが含まれています。

OpenCL

Snow Leopardで導入されたOpenCL(Op​​en Computing Language)は、3Dゲームのようなグラフィックスを多用するアプリケーションだけでなく、グラフィックスプロセッシングユニットのパワーに対応して、あらゆるアプリケーションで活用します。 OpenCLは、Macのグラフィックプロセッサの種類に合わせて自動的に最適化し、利用可能な処理能力に合わせて調整します。

QuickTime X

Mac OS X v10.6では、AppleはQuickTimeユーザーインターフェイスを再設計して、既存のQuickTimeフルスクリーンビューに似ており、ウィンドウ全体でビデオとタイトルバーを含むすべてのコントロールが必要に応じてフェードインおよびフェードアウトするだけで再生します。

QuickTime Xは、HTTPライブストリーミングをサポートしています。 したがって、QuickTime Xは、特別なストリーミングサーバーの代わりに任意のWebサーバーを使用してオーディオとビデオをストリーミングし、一般的なファイアウォールとワイヤレスルーター設定で確実に動作します。

QuickTime Xは、Cocoa、Grand Central Dispatch、64ビットコンピューティングなどのMac OS Xテクノロジーを使用してより高いパフォーマンスを提供し、QuickTime Player がQuickTimeよりも最大2.8倍速く起動できるようにします。 QuickTime Xは、ColorSyncを利用して高品質の色再現を提供します。

映画を再生するときに「YouTubeに送信」コマンドが組み込まれています。 ユーザーは、画面アクティビティを映画として記録することもできます。

カップ

CUPS(Mac OS XおよびLinuxの印刷システム)がバージョン1.4に更新され、ドライバー、ネットワーク、Kerberosのサポートが改善され、多くのパフォーマンスが向上しました。 CUPS 1.4は、インターネット印刷プロトコルバージョン2.1の最初の実装でもあります。

関連記事