品質保証と品質管理

品質保証と品質管理

品質保証 は プロセス 指向で欠陥 防止 に焦点を当ててい ます が、 品質管理 は 製品 指向で欠陥 識別に 焦点を当ててい ます 。 比較表 品質保証と品質管理の比較表 品質保証 品質管理 定義 QAは、製品を開発するプロセスの品質を確保するための一連の活動です。 QCは、製品の品質を確保するための一連の活動です。 活動は、生産された実際の製品の欠陥を特定することに焦点を当てています。 焦点を合わせる QAは、製品の製造に使用されるプロセスに焦点を当てて、欠陥を防ぐことを目的としています。 これはプロアクティブな品質プロセスです。 QCの目的は、完成品の欠陥を特定(および修正)することです。 したがって、品質管理はリアクティブなプロセスです。 ゴール QAの目標は、製品の開発中に欠陥が発生しないように、開発およびテストプロセスを改善することです。 QCの目標は、製品の開発後、リリース前に欠陥を特定することです。 どうやって 優れた品質管理システムとその妥当性の評価を確立します。 システムの動作の定期的な適合監査。 顧客の要件が継続的に満たされるように、ツールと機器を介して品質問題の原因を見つけて排除します。 何 文書化を含む計画的および体系的な活動による品質問題の防止。 製品の品質、プロセス、およびサービスを達成および維持するために使用される活動または手法。 責任 製品の開発に関

続きを読みます
監査と評価

監査と評価

監査 と 評価 はどちらもプロセス、製品、測定基準を評価する手段ですが、監査と評価には、それらが実行される理由と評価の実施方法の点で違いがあります。 比較表 監査と評価の比較表 監査 評価 タイプ 監査にはさまざまな種類、品質があり、個人、内部、外部、法定、非法定、社会、パフォーマンス、最終に統合または区別されます。 評価は、主に2つのタイプ、形成的および総括的です。 戦略または方法 監査に関係する主な手順は、情報の収集と、それに続く内部統制の評価と検証です。 使用される主な戦略は、科学実験モデル、管理指向システムモデル、定性的/人類学的モデル、および参加者指向モデルの4つです。 定義の違い 監査 とは、個人、組織、プロジェクト、製品の評価であり、主にその有効性と信頼性を判断するため、または一連の事前定義されたプロセスの遵守を検証するためのものです。 一方、 評価 とは、一連の標準を使用してメリットを判断することです。 両方とも一種の評価ですが、監査は主に金融機関に対して行われ、虚偽の記述や誤りがないことを確認しますが、医療、芸術、政府機関などのさまざまな分野で作業の効率を判断するために評価を行うことができますシステム。 以前は、監査は金融システムのみを評価する重要な方法でした。 現在は、セキュリティリスク、環境、その他のシステムパフォーマンスも評価するために行われています。 監査と

続きを読みます