品質保証と品質管理

品質保証プロセス指向で欠陥防止に焦点を当てていますが、 品質管理製品指向で欠陥識別に焦点を当てています

比較表

品質保証と品質管理の比較表
品質保証 品質管理
定義QAは、製品を開発するプロセスの品質を確保するための一連の活動です。QCは、製品の品質を確保するための一連の活動です。 活動は、生産された実際の製品の欠陥を特定することに焦点を当てています。
焦点を合わせるQAは、製品の製造に使用されるプロセスに焦点を当てて、欠陥を防ぐことを目的としています。 これはプロアクティブな品質プロセスです。QCの目的は、完成品の欠陥を特定(および修正)することです。 したがって、品質管理はリアクティブなプロセスです。
ゴールQAの目標は、製品の開発中に欠陥が発生しないように、開発およびテストプロセスを改善することです。QCの目標は、製品の開発後、リリース前に欠陥を特定することです。
どうやって優れた品質管理システムとその妥当性の評価を確立します。 システムの動作の定期的な適合監査。顧客の要件が継続的に満たされるように、ツールと機器を介して品質問題の原因を見つけて排除します。
文書化を含む計画的および体系的な活動による品質問題の防止。製品の品質、プロセス、およびサービスを達成および維持するために使用される活動または手法。
責任製品の開発に関与するチームの全員が品質保証の責任を負います。通常、品質管理は、製品の欠陥をテストする特定のチームの責任です。
検証はQAの例です検証/ソフトウェアテストはQCの例です
統計的手法統計ツールと手法は、QAとQCの両方に適用できます。 プロセス(プロセス入力と操作パラメーター)に適用される場合、それらは統計的プロセス制御(SPC)と呼ばれます。 &それはQAの一部になります。統計ツールと手法が最終製品(プロセス出力)に適用される場合、それらは統計的品質管理(SQC)と呼ばれ、QCの対象となります。
ツールとしてQAは管理ツールですQCは修正ツールです
オリエンテーションQAはプロセス指向ですQCは製品指向です

品質保証と品質管理の違い

QAおよびQCの定義

  • 品質保証(QA)は、成果物を作成するために使用されるプロセスを指し、マネージャー、クライアント、またはサードパーティのレビュー担当者でも実行できます。 品質保証の例には、プロセスチェックリスト、プロジェクト監査、方法論、および標準の開発が含まれます。
  • 品質管理(QC)とは、プロジェクト成果物の作成に関連する品質関連の活動を指します。 品質管理は、成果物が許容できる品質のものであり、完全で正しいことを確認するために使用されます。 品質管理活動の例には、検査、成果物のピアレビュー、テストプロセスが含まれます。
  • 品質管理とは、要件を順守することです。 品質保証は一般的なものであり、開発中の製品の特定の要件には関係ありません。
  • 品質保証活動は、生産作業が始まる前に決定され、製品の開発中にこれらの活動が実行されます。 対照的に、製品の開発に品質管理活動が実行されます。

違いを説明するビデオ

関連記事